2017年4月のエントリー 一覧

2017/4/30 4歳以上オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    京都 C
  • 芝3200m
    外・右回り

  • 見込み
京都の坂越えが2回。上がりの競馬になりやすく、差し馬は勝負所ではある程度前につける必要もある。また、長距離コースゆえ、内の経済コースを回る必要があり、その点において外枠はやはり不利。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 シャケトラ 牡4 58.0 田辺裕信
1 02   ラブラドライト セ8 58.0 酒井学
2 03 キタサンブラック 牡5 58.0 武豊
2 04   スピリッツミノル 牡5 58.0 幸英明
3 05   ファタモルガーナ セ9 58.0 浜中俊
3 06 シュヴァルグラン 牡5 58.0 福永祐一
4 07 アルバート 牡6 58.0 川田将雅
4 08   タマモベストプレイ 牡7 58.0 吉田隼人
5 09   ディーマジェスティ 牡4 58.0 蛯名正義
5 10   アドマイヤデウス 牡6 58.0 岩田康誠
6 11   プロレタリアト 牝6 56.0 杉原誠人
6 12 ゴールドアクター 牡6 58.0 横山典弘
7 13   トーセンバジル 牡5 58.0 四位洋文
7 14   ワンアンドオンリー 牡6 58.0 和田竜二
7 15 サトノダイヤモンド 牡4 58.0 ルメール
8 16 レインボーライン 牡4 58.0 M.デムーロ
8 17   ヤマカツライデン 牡5 58.0 松山弘平
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
S
スロー
長距離戦でもあり、03が作るゆったりペース。 上がり勝負となる公算も大。
信頼度
B
一騎打ち
荒れる要素もあるこのレースだが、2強は抜けている。素直な勝負が妥当。
予想本文 

~ 現役最強馬決定戦 ~
 キタサンブラックとサトノダイヤモンド。この両雄の雌雄の決着は有馬記念だけで終わったとは言い切れない。休養明けで挑んだG1大阪杯をしっかりの勝利してみせたキタサンブラック、同じく阪神大賞典を勝って昨秋からの連勝を伸ばしたサトノダイヤモンド。この2頭の一騎打ちか、はたまた他馬が付け入る隙があるか、注目が集まる。

 やはり、菊花賞、有馬記念を勝利したサトノダイヤモンドを引き続き本命とする。ただ、決め手に優れるが、差し馬ゆえの不安定さは否めない。また、古馬となり、斤量は58キロに増量となり、完全に同一の条件で年度代表馬と対決となる。背負慣れていない斤量で、スタミナはあるとはいえ3200mの長丁場。不安要素があるには違いないが、やはりキタサンを射程に捉えながらマークできる強みは大きい。有馬記念はいわば勝たせてもらったレース。完全な状態の今のキタサンに同じ条件で勝つことにこの馬の先のステージへの意味がある。

 同じく菊花賞馬キタサンブラック。この馬にとっては、ここは勝利がほしいところ。ダービ以外連を外していない絶対的安定感は王者たるに相応しい成績ではあるが、やはり勝ち続けてこそ。有馬記念の借りを返して、名実ともに最強馬の座を手にしたい。血統度外視の豊富なスタミナ、そして自分自身で競馬が作れる点からも、馬券の軸としては申し分ない。2強の比較で対抗格に控えたが、安定感はやはりこちらが上だろう。

 実績的にも3番手はシュバルグランか。不甲斐ない成績を残すことが玉に瑕だが、まともに走れば、2強を食ってもおかしくない実力馬。長距離実績もあり2強以外には負けられないところ。

 ミルコが乗るならレインボーラインは外せなくなる。外枠は歓迎材料とはいえないが、一回叩いて状態も上向き。距離への不安もなく、態勢は整っている。

 ややピークを過ぎた印象が残るゴールドアクターだが、まだ見限るのは早計。特に今回の鞍上の手替わりがプラスに働く可能性もあり、怖い存在。

 今回最も注目の上がり馬がシャケトラ。500万下から破竹の勢いで重賞ホースに上り詰めた。勢いがある分、今回の一番の穴人気馬。その点を少々嫌ってこの評価。

 長距離とはいえ、重賞レベルではなかなか敷居が高い天皇賞。それでもこれだけしっかりした足跡ならアルバートも無視できぬ存在。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭ながし:

1着:15
2着:03
→06,16,12,01,07
(5点)

2強と言われる構図の時、どちらかが大敗するのがセオリー。しかし、ここは2強で決まる公算は高いと言わざるを得ない。もちろん春の天皇賞で思わぬ大敗をする馬もたくさんいたので、絶対視はできぬものの、現時点で両馬に死角は見当たらない。
馬券はこの2頭から。だが、配当的にマルチ馬券は難しく、頭もどちらかを決めねばならない。条件的にはキタサンが有利は承知の上で、サトノダイヤモンドを頭に。サトノ、キタサンの1,2着固定ながしで勝負。
2017年4月16日(日) / 中山 2000m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系3歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印  馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[6] 11      アルアイン     牡3 57 松 山  1:57.8  9
2[4] 7  ▲  ペルシアンナイト  牡3 57 Mデム  クビ    4
3[5] 10      ダンビュライト   牡3 57 武 豊  3/4     12
4[8] 16      クリンチャー    牡3 57 藤岡佑  1 1/4   13
5[3] 5  ☆  レイデオロ     牡3 57 ルメー  クビ    5
6[1] 2  ○  スワーヴリチャード 牡3 57 四 位  クビ    2
7[4] 8  ◎  ファンディーナ   牝3 55 岩 田  クビ    1
8[8] 17      ウインブライト   牡3 57 松 岡  アタマ  6
9[2] 4  △  カデナ       牡3 57 福 永  クビ    3
10[5] 9  △ Bプラチナヴォイス  牡3 57 和 田  アタマ  10
11[7] 13  ☆  サトノアレス    牡3 57 戸 崎  1/2     8
12[3] 6      アウトライアーズ  牡3 57 田 辺  アタマ  7
13[8] 18      トラスト      牡3 57 柴田大  1      17
14[2] 3      コマノインパルス  牡3 57 江田照  クビ    16
15[7] 14      キングズラッシュ  牡3 57 柴田善  1/2     18
16[1] 1      マイスタイル    牡3 57 横山典  5      14
17[7] 15      アダムバローズ   牡3 57 池 添  4      11
18[6] 12      アメリカズカップ  牡3 57 松 若  1.1/2   15
  
払戻金 単勝 11 2240円
    複勝 11 650円 / 7 320円 / 10 1340円
    枠連 4-6 2380円
    馬連 7-11 8710円 / 馬単 11-7 20720円
    3連複 7-10-11 176030円 / 3連単 11-7-10 1064360円
    ワイド 7-11 2250円 / 10-11 16960円 / 7-10 6770円
  

感想と言い訳?!

 レースは比較的早い流れで、出入りのある競馬となりました。このペースに戸惑ったか、ファンディーナはいい感じで4角先頭に立ちながら馬群に沈みました。同じような位置にいながら力強く伸びたのはアルアイン。松山騎手の初戴冠となりました。

 それにしても皐月賞は難しいですね。加えて牝馬が1番人気となるようなレースだと尚更です。アルアインもダンビュライトも軽視はしていませんでした。ファンディーナのもしかしたら・・・も考えてましたが、スワーヴリチャードも惨敗とは予想外でした。その点、ペルシアンナイトはさすがです。

2017/4/16 3歳オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    中山 A
  • 芝2000m
    内・右回り

  • 見込み
スタートとゴール前の2度の坂越えがあるタフなコース。スローペースになりやすく、内回りゆえ多数頭なら差し馬は捌くのに苦労することもあり、器用さと力のある先行馬が有利。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01   マイスタイル 牡3 57.0 横山典弘
1 02 スワーヴリチャード 牡3 57.0 四位洋文
2 03   コマノインパルス 牡3 57.0 江田照男
2 04 カデナ 牡3 57.0 福永祐一
3 05 レイデオロ 牡3 57.0 ルメール
3 06   アウトライアーズ 牡3 57.0 田辺裕信
4 07 ペルシアンナイト 牡3 57.0 M.デムーロ
4 08 ファンディーナ 牝3 55.0 岩田康誠
5 09   プラチナヴォイス 牡3 57.0 和田竜二
5 10   ダンビュライト 牡3 57.0 武豊
6 11   アルアイン 牡3 57.0 松山弘平
6 12   アメリカズカップ 牡3 57.0 松若風馬
7 13 サトノアレス 牡3 57.0 戸崎圭太
7 14   キングズラッシュ 牡3 57.0 柴田善臣
7 15   アダムバローズ 牡3 57.0 池添謙一
8 16   クリンチャー 牡3 57.0 藤岡佑介
8 17   ウインブライト 牡3 57.0 松岡正海
8 18   トラスト 牡3 57.0 柴田大知
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
M
ミドル
このレースに限っては近年は早い流れが続いており、差し馬の方が有利な傾向。
信頼度
D
混戦
不確定要素が多く、各馬の実力差が測りにくい上に、その地力も拮抗している。
予想本文 

~ 必然の選択 ~
 牝馬であるファンディーナが皐月賞に参戦する。元来、マイルより、2000m向きの馬と思われる上に、今年の牡牝の情勢を見れば当然の選択か。ハイレベルな牝馬組を相手するより、適距離で牡馬を相手にした方がよいとの判断。これに奮起するような牡馬の意地も見てみたい所。

 現時点では、牡馬クラシックの参戦は単に選択の一つでしかないファンディーナ。だが、もし、ここを勝ってダービーに駒を進めれば大きく話は変わってくる。そして、それも十分現実味のある現状。過去3戦全く危なげなく、まだ底を見せていないスケールの大きさ。近年の差し有利の皐月賞において、牡馬の相手にマークされながら先行押し切りは思った以上に困難なはず。しかし、それをやりきれる高い能力の持ち主と断ずる。

 混戦模様の情勢ではあるが、スワーブリチャードを対抗格に据えたい。中山コース未経験ではあるが、安定した末脚の持ち主で、特に前走の内容は秀逸。まだ粗さは残るが、33秒台の決め手があり、荒れた馬場も苦にしないので、安定した成績が望めそう。

 瞬発力ならペルシアンナイト。距離が伸びることが気にかかることは否めぬが、前走の楽勝っぷりにまだ底の深さを感じる。地味に映るが過去5戦、すべて1番人気の期待馬。引き続きの鞍上を得て、ここは勝負どころ。

 難しい馬だが、ハマれば…の期待を抱かせるのがプラチナヴォイス。前走、スプリングSでは3着と敗れたものの、能力の高さはもっとも感じさせた。ササる悪癖さえどうにかなれば、一発があっても驚けない。

 実績的にはカデナが筆頭候補だろう。重賞連勝中の弥生賞馬。本来であれば1番人気であってもおかしくはない。若干ジリ脚気味も、力強く最後まで伸びてくるタイプ。その点で大崩れはなさそうだが、人気的に旨味が少なく、やや評価を控えた。

 ぶっつけ挑戦となるレイデオロだが、何と言っても3戦無敗馬。まだ底を見せておらず、仕上がり途上でも、いきなりの好走も。

 朝日杯ホース、サトノアレスも一叩きで変わり身あるか。差し有利なこのレースでもある程度は前につける必要があるだろう。それができれば無論、上位も狙える。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

08=02
→07,09,04,05,13
(30点)

08=07
→07,09,04,05,13
(30点)
構図的には紅一点のファンディーナを巡る戦い。この馬を素直に信じるか、否かがポイントとなるが、現メンバー構成と、同馬の能力を省みると逆らう気は起きなかった。人気でも馬券戦略の中心。ただ問題は相手。一長一短で取捨に迷う部分はあったが、スワーヴリチャードを相手筆頭。馬券はこの2頭からの3連単マルチながし。配当的に許されれば、相手をペルシアンナイトに変えても押さえておきたい。
2017年4月9日(日) / 阪神 1600m 芝・右 外 / 曇・稍重
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[5] 10     レーヌミノル    牝3 55 池 添  1:34.5  8
2[3] 6  △ リスグラシュー   牝3 55 武 豊  1/2     3
3[7] 14  ◎ ソウルスターリング 牝3 55 ルメー  クビ    1
4[4] 8     カラクレナイ    牝3 55 田 辺  クビ    7
5[6] 12  ☆ アエロリット    牝3 55 横山典  クビ    6
6[8] 17     ディアドラ     牝3 55 岩 田  1.1/4   14
7[8] 18     カワキタエンカ   牝3 55 和 田  1.1/4   10
8[1] 2  ☆ ライジングリーズン 牝3 55 丸 田  1/2     9
9[2] 4     ジューヌエコール  牝3 55 北村友  3/4     12
10[7] 13     ヴゼットジョリー  牝3 55 福 永  ハナ    13
11[1] 1  ▲ ミスエルテ     牝3 55 川 田  1/2     5
12[7] 15  ○ アドマイヤミヤビ  牝3 55 デムー  1/2     2
13[5] 9     ゴールドケープ   牝3 55 丸 山  1.1/4   11
14[6] 11     アロンザモナ    牝3 55  幸   クビ    16
15[4] 7     ショーウェイ    牝3 55 松 若  クビ    15
16[8] 16  △ ミスパンテール   牝3 55 四 位  6      4
17[3] 5     ベルカプリ     牝3 55 藤岡佑  2.1/2   17
-[2] 3     サロニカ      牝3 55 浜 中  取消
  
払戻金 単勝 10 4080円
    複勝 10 480円 / 6 240円 / 14 110円
    枠連 3-5 7470円
    馬連 6-10 17000円 / 馬単 10-6 45330円
    3連複 6-10-14 5020円 / 3連単 10-6-14 94890円
    ワイド 6-10 2760円 / 10-14 880円 / 6-14 420円
  

感想と言い訳?!

 昨年と同様にメジャーエンブレムと同じようにソウルスターリングが敗れました。同じことは続かないと、根拠のない盲信から下手を打ってしまいました。対抗格としたアドマイヤミヤビも最初から行き足がつかず大敗です。朝に降った雨の影響で…とはされているものの、それでも腑に落ちない敗戦でした。

 勝ったのは力強くそして粘り強く伸び続けたレーヌミノル。父や母父を思わせる競馬っぷりでした。この馬といい、カラクレナイ、カワキタエンカなど、迷いながら切った馬の好走が目立ちました。本命馬が3着に来ているとはいえ、気持ち的には大敗でした。

2017/4/9 3歳牝馬オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    阪神 B
  • 芝1600m
    外・右回り

  • 見込み
スタートもゴール前も十分な長さの直線で、外枠からの差しがセオリー。ただ、ゆったりと仕掛けられるが故に短距離戦ながらスローになりやすく、一概に先行馬が不利とも言えない。基本的は有利不利が少ない地力勝負。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 ミスエルテ 牝3 55.0 川田将雅
1 02 ライジングリーズン 牝3 55.0 丸田恭介
2 03   サロニカ 出走取消 牝3 55.0 浜中俊
2 04   ジューヌエコール 牝3 55.0 北村友一
3 05   ベルカプリ 牝3 55.0 藤岡佑介
3 06 リスグラシュー 牝3 55.0 武豊
4 07   ショーウェイ 牝3 55.0 松若風馬
4 08   カラクレナイ 牝3 55.0 田辺裕信
5 09   ゴールドケープ 牝3 55.0 丸山元気
5 10   レーヌミノル 牝3 55.0 池添謙一
6 11   アロンザモナ 牝3 55.0 幸英明
6 12 アエロリット 牝3 55.0 横山典弘
7 13   ヴゼットジョリー 牝3 55.0 福永祐一
7 14 ソウルスターリング 牝3 55.0 ルメール
7 15 アドマイヤミヤビ 牝3 55.0 M.デムーロ
8 16 ミスパンテール 牝3 55.0 四位洋文
8 17   ディアドラ 牝3 55.0 岩田康誠
8 18   カワキタエンカ 牝3 55.0 和田竜二
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
M
ミドル
逃げ馬数頭いるものの、想定レベルのペースに収まりそう。基本的には差し馬有利。
信頼度
B
軸馬信頼
メンバー揃うも軸馬の信頼は高そう。馬場も回復傾向にあり、展開や馬場によるマギレは少ない。
予想本文 

~ 怪物の仔 ~
 14戦不敗という成績で引退したフランケル。その初年度産駒としてミスエルテとソウルスターリングの2頭が顔を揃える。欧州馬産駒の日本の競馬への適性が懸念される中、あっと言う間に産駒がG1を勝ち、今後サンデーサイレンス級の旋風が巻き起こる期待があり、両馬のレースぶりに注目が集まる。

 世界的大良血馬ソウルスターリングの父譲りの不敗記録は継続が濃厚。特に前走の完勝っぷりは文句のつけようがなく、昨年のG1勝利よりもさらに成長した姿を見せてくれた。安定感あるレースぶりで、まず大崩れはないだろう。湿った馬場、差し馬有利の条件であってもやはり主役を努めそうだ。鞍上も昨年のメジャーエンブレムの二の舞いはゴメンのはず。

 相手筆頭にはアドマイヤミヤビ。休養明けで臨んだ前走のレースぶりが秀逸。後方からの安定した差し脚が武器で、阪神外回りは絶好の舞台。マークしての差しに徹する分、本命馬を破るとすればこの馬か。

 果敢に牡馬に挑み1番人気に支持されたもう一頭のフランケル産駒、ミスエルテ。休養明けでのぶっつけとなるが、牝馬戦に戻ったとなればやはり怖い存在。叩いてないだけに、気性的な不安が大きいものの、一発の魅力に溢れる。

 本命馬には連敗中のリスグラシューだが、他馬には負けられない。前走の3着も、後続馬に差されはしたが、自身は勝ち馬を捕まえにいった分、おつりがなくなった感。きっちり伸びており、調子も上々。人気的にも旨味。

 キャリア2戦でここに間に合ったミスパンテール。やはり売りはその決め手ある末脚。引き続きペース早めの阪神外回りで、一叩きを得てその豪脚に上積み。上位を賑わす公算は高い。

 先行脚質から一転、持続力ある末脚で勝ち馬に食い下がったアエロリット。混戦になればなるほど強みが増す。

 アネモネS組はこのレースには縁遠いがそれでもライジングリーズンには1票投じておきたい。前走も然ることながら、2走前の直線での力強い差し脚に能力の高さを感じる。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

14=15
→01,06,16,12,02
(30点)
かなりハイレベルなメンバーが揃ったが、それでもソウルスターリングの軸は揺るがないと見る。相手も素直にアドマイヤミヤビを指名したい。馬券はこの2頭からの3連単2頭軸マルチながしが基本線となる。
2017年4月2日(日) / 阪神 2000m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系4歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[4] 5  ○ キタサンブラック  牡5 57 武 豊  1:58.9  1
2[3] 4  ☆ ステファノス    牡6 57 川 田  3/4     7
3[8] 13  ☆ ヤマカツエース   牡5 57 池 添  1/2     4
4[8] 14  ◎ マカヒキ      牡4 57 ルメー  1.1/2   2
5[7] 12  △ アンビシャス    牡5 57 福 永  アタマ  5
6[5] 7  ▲ サトノクラウン   牡5 57 デムー  ハナ    3
7[1] 1  ☆ ミッキーロケット  牡4 57 和 田  1/2     6
8[6] 10     モンドインテロ   牡5 57 内 田  2.1/2   11
9[2] 2     アングライフェン  牡5 57 岩 田  1.1/4   14
10[6] 9     ディサイファ    牡8 57 四 位  1/2     13
11[3] 3     スズカデヴィアス  牡6 57 藤岡佑  1.1/2   12
12[7] 11     マルターズアポジー 牡5 57 武士沢  1/2     8
13[4] 6     サクラアンプルール 牡6 57 横山典  3      9
14[5] 8     ロードヴァンドール 牡4 57 太 宰  3      10
  
払戻金 単勝 5 240円
    複勝 5 110円 / 4 280円 / 13 280円
    枠連 3-4 2130円
    馬連 4-5 2320円 / 馬単 5-4 3390円
    3連複 4-5-13 4830円 / 3連単 5-4-13 23910円
    ワイド 4-5 540円 / 5-13 480円 / 4-13 1800円
  

感想と言い訳?!

 予想されたハイペースよりは落ち着いた流れとなりました。それでも控える形となったキタサンブラックでしたが、手応えに余裕すら感じる貫禄の勝利となりました。G1昇格となり、他馬の本気度には一歩譲る所はあったのですが、それでも圧勝です。見事としか言いようがありません。

 後方待機馬には苦しい流れとはいえ、期待されたマカヒキはもう一つ伸びが足らず。ちょっと今後に暗雲が立ち込めました。

 まぁ、見事に上位人気馬決着となりましたが、3連単は微妙は組み合わせで馬券はハズレ。ちょっと私には買えない馬券でした。

2017/4/2 4歳以上オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    阪神 B
  • 芝2000m
    内・右回り

  • 見込み
内回りコースというのが最大のポイント。直線短いが急坂がある。パワー型の先行馬に利。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 ミッキーロケット 牡4 57.0 和田竜二
2 02   アングライフェン 牡5 57.0 岩田康誠
3 03   スズカデヴィアス 牡6 57.0 藤岡佑介
3 04 ステファノス 牡6 57.0 川田将雅
4 05 キタサンブラック 牡5 57.0 武豊
4 06   サクラアンプルール 牡6 57.0 横山典弘
5 07 サトノクラウン 牡5 57.0 M.デムーロ
5 08   ロードヴァンドール 牡4 57.0 太宰啓介
6 09   ディサイファ 牡8 57.0 四位洋文
6 10   モンドインテロ 牡5 57.0 内田博幸
7 11   マルターズアポジー 牡5 57.0 武士沢友
7 12 アンビシャス 牡5 57.0 福永祐一
8 13 ヤマカツエース 牡5 57.0 池添謙一
8 14 マカヒキ 牡4 57.0 ルメール
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
H
ハイ

テンから飛ばす馬が2頭。前半は流れる傾向のコース形態からも、ハイペースが濃厚。

信頼度
B
順当
頭数少なくマギレが少ない展開。上位決着濃厚も、3連単はそれなりに難しい。
予想本文 

~ 打倒王者! ~
 今年から新設された大阪杯。名物重賞レースではあったが、まさかG1昇格になる日が来るとは思わなかった。頭数は少ないものの、年度代表馬にダービー馬も顔を揃え、G1レースとして恥ずかしくないメンバー構成となった。王者キタサンブラックはここから始動となるが、他有力馬はすでに1戦を経て、準備万端。どう迎え撃つかが見どころとなりそうだ。

 期待された凱旋門賞の敗北で、多少トーンダウン気味のマカヒキ。国内復帰戦で注目を集めた前走の京都記念ではあったが、結果は3着に終わってしまった。ただ、仕掛け所の差が影響したと感じる内容で、力負けだったとは思えない。一叩きで迎える本番としては上々と言えよう。ただ、3歳時に比べ、ややジリ脚っぽい印象を受けたため、あの驚異的な末脚が今回どこまで戻ってくるかがポイント。サトノダイヤモンドと雌雄を決するにはここは無様な競馬はできない。

 全12戦のうち、3着以下に敗れたのはダービーのたった1回だけ。さすがに王者といっていい昨年の年度代表馬キタサンブラック。当然ここも最上位格ではあるが、ぶっつけとなる始動戦。他有力馬は一度叩いて新設G1を取りに来ており、本気度では劣ると言わざるをえない。しかし、この馬の強みは先行してさらに突き放す競馬。この競馬には大崩れはない。極端なハイペースの不安はあるが、複勝圏にはやはり高確率で絡んでくるには違いない。

 昨年のほとんどは精彩を欠いてしまっていたサトノクラウンだが、香港でのG1勝利から再びの上昇ムード。特に前走、京都記念は相手が揃っていただけにお見事な内容。今回、ほぼ顔ぶれも変わらず、引き続きの鞍上であれば当然主力候補。脚質的にキタサンブラックと真っ向勝負になるのはこの馬。ハイペース予想の中、後続馬を気にしながらの王者への仕掛けは難しいが、そこはヤネ任せとなろう。

 2000mといえばやはりアンビシャス。昨年のこのレースでキタサンブラックを破っての勝利はまだ記憶に新しい。宝塚記念の大敗後は決め手を活かす戦法に変え、展開に泣かされ、勝利には及ばぬものの、安定して好成績を収めた。休養明けの前走も敗れたとはいえ、33秒の脚を使って、脚を余しながらの敗戦。先行した昨年とは違う形での連覇も見ることができるかもしれない。

 先行有利な阪神内回りも、今回は差し馬の出番がありそう。ならばステファノスが気にかかる。前走こそ案外な内容ではあったが、叩いての上積みは当然見込める。阪神の坂も苦にしない。

 4歳世代の層の厚さを証明する存在がミッキーロケット。菊花賞こそ敗れたが、典型的な夏の上り馬で古馬となってすっかり本格化。このメンバーでも侮れない存在となった。

 有馬記念の好走で一躍注目浴びるようになったヤマカツエース。阪神での好走例がないことが気になるが、本来のベストディスタンスである2000mではやはり怖い存在。状態もピークに近い。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
1着ながし:

14
→05,07,12,04,01,13
(30点)
2着ながし:
14
→05,07,12,04,01,13
(30点)
京都記念のレベルが一段高く、この上位組 VS キタサンブラックの構図。頭数も少なく荒れる要素は少ない。順当な結果が濃厚。無難に当てに行くなら、2頭軸マルチが妥当ではあるが、ここはマカヒキの3連単1着流しで勝負してみたい。配当的に許されれば2着ながしを押さえ。

このページの上部へ

Profile

bakusuinobitaです。
一応、「小心無用」がポータルページになっております。

About

中央競馬のG1レースのみを限定して適当な予想を書いております。

2010年より、本ブログスタイルに移行しましたが、それ以前のものは「PakaPakaParadise」においてあります。
もっと前のは公開してません。もう色々めんどくさくてあきらめました。

後、定番のご注意ですが、適当にやってる以上、色々間違いはきっとあるので、馬券購入の際などは主催者側の発表にてご確認下さい。

サイト内検索

月別アーカイブ

  1. 2019年12月 [2]
  2. 2019年11月 [7]
  3. 2019年10月 [7]
  4. 2019年9月 [1]
  5. 2019年6月 [4]
  6. 2019年5月 [9]
  7. 2019年4月 [6]
  8. 2019年3月 [4]
  9. 2019年2月 [1]
  10. 2019年1月 [1]
  11. 2018年12月 [9]
  12. 2018年11月 [7]
  13. 2018年10月 [6]
  14. 2018年9月 [1]
  15. 2018年6月 [5]
  16. 2018年5月 [8]
  17. 2018年4月 [6]
  18. 2018年3月 [3]
  19. 2018年2月 [2]
  20. 2017年12月 [10]
  21. 2017年11月 [7]
  22. 2017年10月 [6]
  23. 2017年9月 [1]
  24. 2017年7月 [1]
  25. 2017年6月 [4]
  26. 2017年5月 [8]
  27. 2017年4月 [7]
  28. 2017年3月 [2]
  29. 2017年2月 [2]
  30. 2017年1月 [1]
  31. 2016年12月 [8]
  32. 2016年11月 [6]
  33. 2016年10月 [7]
  34. 2016年7月 [1]
  35. 2016年6月 [4]
  36. 2016年5月 [8]
  37. 2016年4月 [6]
  38. 2016年3月 [1]
  39. 2016年2月 [2]
  40. 2016年1月 [1]
  41. 2015年12月 [8]
  42. 2015年11月 [6]
  43. 2015年10月 [7]
  44. 2015年6月 [4]
  45. 2015年5月 [9]
  46. 2015年4月 [5]
  47. 2015年3月 [2]
  48. 2015年2月 [2]
  49. 2014年12月 [8]
  50. 2014年11月 [8]
  51. 2014年10月 [6]
  52. 2014年6月 [5]
  53. 2014年5月 [9]
  54. 2014年4月 [5]
  55. 2014年3月 [2]
  56. 2014年2月 [1]
  57. 2013年12月 [7]
  58. 2013年11月 [8]
  59. 2013年10月 [6]
  60. 2013年9月 [1]
  61. 2013年6月 [4]
  62. 2013年5月 [8]
  63. 2013年4月 [6]
  64. 2013年3月 [2]
  65. 2013年2月 [2]
  66. 2012年12月 [8]
  67. 2012年11月 [7]
  68. 2012年10月 [7]
  69. 2012年9月 [1]
  70. 2012年6月 [5]
  71. 2012年5月 [7]
  72. 2012年4月 [6]
  73. 2012年3月 [2]
  74. 2012年2月 [2]
  75. 2012年1月 [1]
  76. 2011年12月 [8]
  77. 2011年11月 [6]
  78. 2011年10月 [9]
  79. 2011年7月 [1]
  80. 2011年6月 [4]
  81. 2011年5月 [8]
  82. 2011年4月 [5]
  83. 2011年3月 [3]
  84. 2011年2月 [2]
  85. 2010年12月 [8]
  86. 2010年11月 [7]
  87. 2010年10月 [7]
  88. 2010年6月 [4]
  89. 2010年5月 [10]
  90. 2010年4月 [4]
  91. 2010年3月 [2]
  92. 2010年2月 [2]

地方競馬購入(楽天競馬)

データ分析(KLAN)

Adsence