2018年5月のエントリー 一覧

2018/5/27 3歳オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 10R
    東京 C
  • 芝2400m
    左回り

  • 見込み
スピード、スタミナの総合力を問われるコース設定。やや内枠有利も、基本的にはフロックのない地力勝負となる。スタンド前スタートで折り合いも重要。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 ダノンプレミアム 牡3 57.0 川田
1 02   タイムフライヤー 牡3 57.0 内田博
2 03   テーオーエナジー 牡3 57.0 藤岡康
2 04   アドマイヤアルバ 牡3 57.0 丸山
3 05 キタノコマンドール 牡3 57.0 Mデムーロ
3 06   ゴーフォザサミット 牡3 57.0 蛯名
4 07   コズミックフォース 牡3 57.0 石橋脩
4 08 ブラストワンピース 牡3 57.0 池添
5 09   オウケンムーン 牡3 57.0 北村宏
5 10   ステイフーリッシュ 牡3 57.0 横山典
6 11   ジャンダルム 牡3 57.0 武豊
6 12 エポカドーロ 牡3 57.0 戸崎圭
7 13 グレイル 牡3 57.0 岩田
7 14   エタリオウ 牡3 57.0 ボウマン
7 15 ステルヴィオ 牡3 57.0 ルメール
8 16 ジェネラーレウーノ 牡3 57.0 田辺
8 17 ワグネリアン 牡3 57.0 福永
8 18 サンリヴァル 牡3 57.0 浜中
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
S
スロー
皐月賞のようなハイペースにはならないだろう。ペースは16がコントロール。
信頼度
B
軸馬信頼
予断は許せぬものの、本命馬には一定の信頼。ただしヒモ争いは混戦。
予想本文 

~ 栄冠への直行 ~
 弥生賞を完勝しながら、皐月賞を回避せざるをえなかったダノンプレミアムが帰ってくる。そして毎日杯を完勝しながら、こちらに直行してきたブラストワンピース。今年の皐月賞は異質な結果に終わっただけに、その連動性の信頼度はいかほどか。この対決でそれが問われることになる。

 距離への不安があろうが、久々だろうが、ダノンプレミアムは現行世代では水を開けての筆頭と見ている。ローテも朝日杯からなら不安が残ったが、弥生賞を使っている安心感はある。一頓挫あっただけにその影響は気になるが、距離についても問題はないだろう。ここは無敗のダービー馬の誕生をみてみたいところ。

 ステルヴィオをもう一度。前走皐月賞での敗戦はやはり馬場の影響は否めない。結果、前残りの展開で、後方からのレースはさすがに厳しかった。確かに距離に不安は確かに残すものの、東京に変わっての変わり身を期待したい。

 暴走ともいえる大逃げに巻き込まれながら3着に粘ったジェネラーレウーノの能力は相当に高いと評価せざるを得ない。さすがに今度は展開が向かない苦しさからか、人気は低めだが、今回も絶対に押さえておくべき1頭。東京の長い直線をどこまで我慢できるかが鍵となる。

 いきなりのG1となった皐月賞で5着と健闘をみせたキタノコマンドール。前残りの展開の中、よく追い上げての結果で、十分すぎる内容。今度は展開も向きそうで、状態も前走より遥かに前進。ここは勝負駆けとなり、やはり怖い存在。

 皐月賞でいくら展開が向かなかったとはいえ、完全不発におわったワグネリアン。これをどう捉えるかが難しいところだが、それまでの実績を考えると、巻き返しがあってもおかしくはない。

 別路線組、ブラストワンピースは、無敗ゆえ、非常に人気になってしまった。未知ゆえの面白みがあるが、ここまで人気になると、やはり積極的には手を出しづらい。今回は押さえまでが妥当なところか。

 グレイルの皐月賞での末脚には見るべきものがあった。今回舞台は好転する。人気薄だが、上位陣との実力差は少ないとみる。

 大外枠が響いたか、皐月賞2着ながらまるで人気のないサンリヴァル。東京コースの早い上がり勝負には確かに向かないが、混戦になれば面白い1頭。

 展開が向いたとはいえ、皐月賞馬エポカドーロの地力はフロックではないはず。皐月賞馬のダービーへの連動性の高さも周知の通り。押さえない訳にはいかないだろう。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

01=15
→16,05,17,08,13,18,12
(42点)
ダノンプレミアムは調教過程を見る限り、無様な結果には終わらないとみて本命。相手は皐月賞時の本命、ステルヴィオの巻き返し。この2頭での3連単2頭軸マルチ勝負が本線。相手を変えても押さえたいところではあるが、ヒモを手広くした方がよいかも知れない。
2018年5月20日(日) / 東京 2400m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印  馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[7] 13  ◎  アーモンドアイ   牝3 55 ルメー  2:23.8  1
2[1] 1  △  リリーノーブル   牝3 55 川 田  2      4
3[1] 2  ○  ラッキーライラック 牝3 55 石 橋  1.3/4   2
4[5] 10      レッドサクヤ    牝3 55 福 永  1.3/4   11
5[2] 3  ☆  マウレア      牝3 55  武   1/2     6
6[4] 8  ▲  サトノワルキューレ 牝3 55 デムー  1.3/4   3
7[6] 11      パイオニアバイオ  牝3 55 北村宏  クビ    9
8[7] 15      ウスベニノキミ   牝3 55 三 浦  1/2     12
9[3] 6  ☆  オールフォーラヴ  牝3 55 和 田  1      5
10[8] 17  ☆  ロサグラウカ    牝3 55 戸 崎  1/2     8
11[7] 14      ランドネ      牝3 55 内 田  1.1/2   10
12[5] 9      シスターフラッグ  牝3 55 岩 田  1.1/4   16
13[3] 5      カンタービレ    牝3 55 田 辺  クビ    7
14[4] 7      トーホウアルテミス 牝3 55 松 若  1.1/4   13
15[8] 16      ウインラナキラ   牝3 55 大 野  1.1/4   17
16[6] 12     Bサヤカチャン    牝3 55 松 岡  1.1/2   14
17[8] 18     Bオハナ       牝3 55 藤岡康  1.1/2   15
-[2] 4      トーセンブレス   牝3 55 柴田善  取消
  
払戻金 単勝 13 170円
    複勝 13 110円 / 1 200円 / 2 120円
    枠連 1-7 260円
    馬連 1-13 1190円 / 馬単 13-1 1410円
    3連複 1-2-13 750円 / 3連単 13-1-2 3360円
    ワイド 1-13 370円 / 2-13 160円 / 1-2 390円
  

感想と言い訳?!

 アーモンドアイが予想に反して、好位付け。こうなると他馬は太刀打ちできないなぁ…と皆が思った通りの結果となりました。2400mを制したことで、ロードカナロアの評価はますます高まりますね。

 ラッキーライラックもさすがの力量をみせてくれましたが、頑張ったのはリリーノーブル。まさか先着するとは思いませんでした。

2018/5/20 3歳牝馬オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    東京 B
  • 芝2400m
    左回り

  • 見込み
スピード、スタミナの総合力を問われるコース設定。やや内枠有利も、基本的にはフロックのない地力勝負となる。スタンド前スタートで折り合いも重要。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 リリーノーブル 牝3 55.0 川田
1 02 ラッキーライラック 牝3 55.0 石橋脩
2 03 マウレア 牝3 55.0 武豊
2 04   [取消]トーセンブレス 牝3 55.0 柴田善
3 05   カンタービレ 牝3 55.0 田辺
3 06 オールフォーラヴ 牝3 55.0 和田
4 07   トーホウアルテミス 牝3 55.0 松若
4 08 サトノワルキューレ 牝3 55.0 Mデムーロ
5 09   シスターフラッグ 牝3 55.0 岩田
5 10   レッドサクヤ 牝3 55.0 福永
6 11   パイオニアバイオ 牝3 55.0 北村宏
6 12   サヤカチャン 牝3 55.0 松岡
7 13 アーモンドアイ 牝3 55.0 ルメール
7 14   ランドネ 牝3 55.0 内田博
7 15   ウスベニノキミ 牝3 55.0 三浦
8 16   ウインラナキラ 牝3 55.0 大野
8 17 ロサグラウカ 牝3 55.0 戸崎圭
8 18   オハナ 牝3 55.0 藤岡康
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
S
スロー
12が逃げるが距離延長もあり、各馬折り合い専念に徹し、追いかける馬は少ないだろう。前残りも視野。
信頼度
B
上位陣強力
桜花賞馬の牙城は高いが、3歳牝馬戦ゆえにまだ何が起きるかはわからない。
予想本文 

~ 第2ラウンド ~
桜花賞で完璧な競馬をしたラッキーライラック。それをまさに次元の違う脚で差し切ったアーモンドアイ。その後、たった1戦でここまで...というくらい評価が逆転してしまった。舞台を変え、主役は挑戦者となり、再戦を挑む。返り討ちか、あるいはそれを阻む第三勢力の影もちらつく女王決定戦。

 正直、完成度という点ではまだまだなアーモンドアイ。ロードカナロア産駒ゆえの距離不安ももちろん残る。だが、それでも本命にせざるを得ないほど、前走の内容は異次元のもの。距離延長はさしたる問題ではなく、能力で相殺できる。前走の力を出せれば東京コースなら十分届くだろう。しかし、もちろん追い込み馬ゆえの怖さもあり、前残りや末脚不発の懸念はないわけではない。

 相手もラッキーライラック。桜花賞では期待に応える見事な競馬をしてみせた。先行抜け出しから押し切りを図ったが、まさかの相手の出現であっという間にかわされてしまった。それでも差し返そうとした根性は父譲りか。距離延長の対応は本命馬よりこちらが上手だろう。これまでの実績からも上位入線への信頼度も高い。距離延長そのものより、それによる先行有利の展開になれば、逆転も可能だ。

 今回のレースのキーになりそうな3番手候補はサトノワルキューレ。こちらは逆に2400m戦専科でありながら、前走2000mに参戦し、楽に差し切った姿が好感。スピード競馬に対応可能な下地を作って満を持しての参戦。当然の一角崩し筆頭。

 桜花賞では一時、ラッキーライラックを捉える場面もよぎったリリーノーブル。これで同馬には3連敗で、さらにその上をいく馬も現れてしまった。持てる地力は当然の評価だが、前走が完璧なレースだっただけに今回の上がり目の部分で一歩譲った。

 やはり、別路線組に目が行く中、2000m以上で2戦2勝の無敗馬、ロサグラウカには未知の魅力がある。距離に不安なく、成績のいいルーラーシップ産駒。このメンバーでどこまでやれるか。

 忘れな草賞からはオールフォーラブ。2000mをこなせた下地はやはり安心感がある。これまでが接戦で、ここで一気の相手強化となるが、まだ底は見せていない。

 勝負付けは済んだ気もしないが東京コースに代わってマウレアも見直しておきたい。連下への食い込みなら十分ありえる。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

13=02
→08,01,17,06,03
(30点)
やはり桜花賞1、2着馬は抜けた印象が強い。ラッキーライラックとは他馬との勝負付けが済んでいる中、アーモンドアイの完勝はそれだけ高い能力の証でもある。ここはこの2頭の一騎打ちが濃厚で、素直にこの2頭からの勝負。ただ、3連単マルチだと配当的に苦しい。そのためヒモを絞ったが、金額的にもメリハリは付けたほうがよさそうだ。
2018年5月13日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 雨・稍重
サラ系4歳以上 / 牝(国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[2] 4     ジュールポレール  牝5 55  幸   1:32.3  8
2[8] 16  ◎ リスグラシュー   牝4 55  武   ハナ    1
3[3] 6  ○ レッドアヴァンセ  牝5 55 北村友  クビ    7
4[5] 10  ▲ アエロリット    牝4 55 戸 崎  1/2     3
5[1] 2  △ ミスパンテール   牝4 55 横山典  1.1/4   4
6[1] 1  ☆ レッツゴードンキ  牝6 55 岩 田  1/2     6
7[5] 9  ☆ ソウルスターリング 牝4 55 ルメー  アタマ  5
8[6] 11  △ アドマイヤリード  牝5 55 デムー  1.3/4   2
9[7] 13     ワントゥワン    牝5 55 藤岡佑  クビ    14
10[3] 5     レーヌミノル    牝4 55 和 田  クビ    9
11[8] 18     メイズオブオナー  牝4 55 福 永  1.1/4   15
12[8] 17     デンコウアンジュ  牝5 55 蛯 名  クビ    11
13[2] 3     ラビットラン    牝4 55 川 田  ハナ    12
14[4] 7     カワキタエンカ   牝4 55 大 野  1.1/4   10
15[7] 14     リエノテソーロ   牝4 55 吉田隼  1/2     17
16[7] 15  ☆ デアレガーロ    牝4 55 池 添  クビ    13
17[6] 12     エテルナミノル   牝5 55 四 位  1/2     16
18[4] 8     クインズミラーグロ 牝6 55 藤岡康  1.1/2   18
  
払戻金 単勝 4 1940円
    複勝 4 400円 / 16 170円 / 6 350円
    枠連 2-8 2780円
    馬連 4-16 4090円 / 馬単 4-16 11730円
    3連複 4-6-16 8850円 / 3連単 4-16-6 63640円
    ワイド 4-16 1320円 / 4-6 1330円 / 6-16 870円
  

感想と言い訳?!

 雨の影響も心配されましたが、直線では各馬横一線で非常に見応えのある競馬となりました。本命、リスグラシューはよく追い込みましたが、ハナ差届かず、またもや戴冠ならずの結果となりました。勝ったジュールポレールは位置取りも追い出しのタイミングもバッチリで、鞍上の好騎乗が光りました。一応、ヒモとしては馬券を押さえてましたので、なんとか、久しぶりにリターンがありました。ふぅ。危ない危ない…。

2018/5/13 3歳以上牝馬オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    東京 B
  • 芝1600m
    左回り

  • 見込み
スピード、スタミナの総合力を問われるコース設定。やや内枠有利も、基本的にはフロックのない地力勝負となる。スタンド前スタートで折り合いも重要。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 レッツゴードンキ 牝6 55.0 岩田
1 02 ミスパンテール 牝4 55.0 横山典
2 03   ラビットラン 牝4 55.0 川田
2 04   ジュールポレール 牝5 55.0
3 05   レーヌミノル 牝4 55.0 和田
3 06 レッドアヴァンセ 牝5 55.0 北村友
4 07   カワキタエンカ 牝4 55.0 大野
4 08   クインズミラーグロ 牝6 55.0 藤岡康
5 09 ソウルスターリング 牝4 55.0 ルメール
5 10 アエロリット 牝4 55.0 戸崎圭
6 11 アドマイヤリード 牝5 55.0 Mデムーロ
6 12   エテルナミノル 牝5 55.0 四位
7 13   ワントゥワン 牝5 55.0 藤岡佑
7 14   リエノテソーロ 牝4 55.0 吉田隼
7 15 デアレガーロ 牝4 55.0 池添
8 16 リスグラシュー 牝4 55.0 武豊
8 17   デンコウアンジュ 牝5 55.0 蛯名
8 18   メイズオブオナー 牝4 55.0 福永
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
M
ミドル
少しペースが読みづらい。07のペースである程度流れる見込み。
信頼度
D
混戦
抜けた馬がいない混戦。ペース、馬場、展開とも出たとこ勝負か。
予想本文 

~ 荒れる春女王戦 ~
 1番人気が絡むのに、とにかくよく荒れるという印象の強いこのレース。やはり牝馬限定戦だけに牡馬混合路線組との力関係が難しいのかも知れない。今年も混戦模様で波乱のムードは漂うが…。

 世代屈指の実力馬ながらなかなか主役になれなかったリスグラシュー。特にマイルでは3着以下なしの堅実さがあり、東京の舞台はさらにお誂え向き。外枠を引いてしまったが、それでもここは負けられないところ。

 そのリスグラシューを休養明けながら打ち負かしたレッドアヴァンセ。人気薄の重賞初挑戦の中での結果のみならず、そのレースぶりには期待が持てる内容。依然調子よく、ここも好走があっても驚けない。

 この舞台でのG1勝ち経験のあるアエロリット。休養挟んでの前走はまずまずの結果。比較的先行馬が残ってしまう今の東京コース。もともと得意な左回りの舞台でもあり、当然ここは勝負をかけてくる。

 昨年の覇者、アドマイヤリードは、その後の足跡が案外も、ここに来て復調ムード。名手を鞍上に据え、連覇を狙う。このレース、ヴィルシーナ、ストレイトガールと連覇していることも心強いデータ。

 上述の2頭を破り、阪神牝馬特別を制したのはミスパンテール。その点ではもっと評価してもいいのだが、東京コースでの不安が少し先行した。無論、自在性があり、舞台・脚質を変えての重賞3連勝は評価に値する。決して差はない。

 実績ではダントツのソウルスターリング。休養明け初戦の前走はいい形ながらまるで伸びず。一叩きの効果も今回は押さえまで。

 同様にレッツゴードンキも実績申し分なく、今なお好調を維持しているが、やなりマイル戦へは不安が先立つ。

 前走でみせた鋭い末脚が気になったデアレガーロ。今の勢いなら穴で一考も。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

16=06
→10,11,02,09,06,15
(36点)

16=10
→06,11,02,09,06,15
(36点)
やや、心情的なものも含むがリスグラシューの軸は変えるつもりはない。そのため馬券戦略は立てやすいはずが、他馬については混戦模様。先行、差しどちらにもチャンスはありそう。ひとまずは本命馬に先着したレッドアヴァンセ、先行粘れるアエロリッドを相手に3連単2頭軸マルチを推奨。
2018年5月6日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[6] 11  ☆ ケイアイノーテック 牡3 57 藤岡佑  1:32.8  6
2[5] 9  ○ ギベオン      牡3 57 デムー  クビ    2
3[8] 17     レッドヴェイロン  牡3 57 岩 田  アタマ  9
4[8] 16  △ ミスターメロディ  牡3 57 福 永  3/4     7
5[3] 5  △ プリモシーン    牝3 55 戸 崎  クビ    5
6[5] 10  ☆ パクスアメリカーナ 牡3 57 川 田  1.1/4   4
7[4] 8     ダノンスマッシュ  牡3 57 北村友  クビ    13
8[1] 1  ▲ カツジ       牡3 57 松 山  1.3/4   8
9[7] 14     デルタバローズ   牡3 57 石 橋  ハナ    16
10[7] 15     カシアス      牡3 57 浜 中  クビ    17
11[3] 6     リョーノテソーロ  牡3 57 吉田隼  1.1/4   15
12[4] 7  ◎ タワーオブロンドン 牡3 57 ルメー  クビ    1
13[2] 4     フロンティア    牡3 57 内 田  クビ    12
14[2] 3  ☆ テトラドラクマ   牝3 55 田 辺  クビ    3
15[1] 2     ファストアプローチ 牡3 57 蛯 名  3/4     14
16[7] 13     ルーカス      牡3 57 ボウマ  3      10
17[6] 12     アンコールプリュ  牝3 55 藤岡康  1/2     18
18[8] 18     ロックディスタウン 牝3 55 池 添  大差    11
  
払戻金 単勝 11 1280円
    複勝 11 370円 / 9 230円 / 17 520円
    枠連 5-6 1890円
    馬連 9-11 3140円 / 馬単 11-9 7470円
    3連複 9-11-17 21840円 / 3連単 11-9-17 129560円
    ワイド 9-11 1230円 / 11-17 3360円 / 9-17 2180円
  

感想と言い訳?!

 ケイアイノーテックが接戦を制して差し切り勝ち。藤岡佑騎手はようやくのG1初制覇となりました。スタート後行き脚つかず、後方からの競馬。ここで無理しなかったことが直線での末脚に繋がりました。典型的なマイル戦での勝ち方で、理想的な勝利でした。

 一方、本命タワーオブロンドンは直線塞がり、何もできないままの不完全燃焼な結果でした。

2018/5/6 3歳オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    東京 A
  • 芝1600m
    左回り

  • 見込み
直線長く、コースも広いマギレの生じにくいコース体系。マイル以上もある程度こなせるスタミナも要求される。脚質は差し馬有利も極端な追い込みは厳しい。また、外差しも決まりにくく、内枠が望ましい。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 カツジ 牡3 57.0 松山
1 02   ファストアプローチ 牡3 57.0 蛯名
2 03 テトラドラクマ 牝3 55.0 田辺
2 04   フロンティア 牡3 57.0 内田博
3 05 プリモシーン 牝3 55.0 戸崎圭
3 06   リョーノテソーロ 牡3 57.0 吉田隼
4 07 タワーオブロンドン 牡3 57.0 ルメール
4 08   ダノンスマッシュ 牡3 57.0 北村友
5 09 ギベオン 牡3 57.0 Mデムーロ
5 10 パクスアメリカーナ 牡3 57.0 川田
6 11 ケイアイノーテック 牡3 57.0 藤岡佑
6 12   アンコールプリュ 牝3 55.0 藤岡康
7 13   ルーカス 牡3 57.0 ボウマン
7 14   デルタバローズ 牡3 57.0 石橋脩
7 15   カシアス 牡3 57.0 浜中
8 16 ミスターメロディ 牡3 57.0 福永
8 17   レッドヴェイロン 牡3 57.0 岩田
8 18   ロックディスタウン 牝3 55.0 池添
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
S
スロー

逃げ馬が2頭入るが、外の15は無理はしないだろう。続く先行勢が少なく、ペースは遅くなる見込み。

信頼度
D
混戦
主役不在の横一線。展開も読みづらく、波乱の可能性も高い。
予想本文 

~ 大混戦ふたたび ~
 昨年に続き、またも大混戦となった今年のNHKマイルC。中距離がこなせるならば、やはりダービーが優先されるだけに、マイル戦ながら、スプリンターよりの短距離馬が集う傾向があり、それが波乱の一因にもなっているのかもいれない。

 朝日杯3着後、前走アーリントンCをきっちり勝利してみせたタワーオブロンドンがやはり最も信頼できる主軸となろう。前残りが多く、近年波乱気味の傾向があるこのレース。今回もマイル戦ながらスローが予想され、楽観はできないが、展開不問な末脚はやはり頼もしい。

 実績的には今一歩劣り、中距離メインの足跡ではあるが、東京マイル戦なら期待感の方が大きいギベオン。比較的前で競馬できる点も今回は好感。

 前走、大外をぶん回して差し切ったカツジ。最後までよく伸びており、この勢いは今回も持ち越すかもしれない。内枠を上手く活かせば、大いにチャンスあり。

 桜花賞での大敗があったが、一叩きで上積み期待のプリモシーン。このレースは牝馬の活躍が目立つだけに、当日落ち着きがあれば、ガラリ一変もあるはず。

 ダート路線からの転戦だが、連勝中ミスターメロディーも怖い存在。芝適性以上に距離に対する不安が先立つものの、しっかりした末脚の持ち主。

 最後はバテたが良い伸びを見せていたパクスアメリカーナ、スローの単騎逃げが見込めるテトラドラクマ、伸び脚しっかりの実績馬、ケイアイノーテックまでを押さえたい。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

07=09
→01,05,16,10,03,11
(36点)

07=01
→09,05,16,10,03,11
(36点)
難しいところだが、やはりタワーオブロンドンの実績と末脚に頼りたい。相手も難解だが、ギベオンとカツジの勢いがそそる。馬券はこの2頭を相手とした3連単2頭軸マルチで勝負したい。
2018年4月29日(祝・日) / 京都 3200m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系4歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印  馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[6] 12  ○  レインボーライン  牡5 58 岩 田  3:16.2  2
2[6] 11  ▲  シュヴァルグラン  牡6 58 ボウマ  クビ    1
3[4] 8      クリンチャー    牡4 58 三 浦  1/2     4
4[1] 1  ☆  ミッキーロケット  牡5 58 和 田  クビ    9
5[1] 2  ☆  チェスナットコート 牡4 58 蛯 名  3/4     7
6[8] 15  ☆  トーセンバジル   牡6 58 デムー  1.1/2   8
7[8] 16      スマートレイアー  牝8 56 四 位  1/2     12
8[7] 14  ◎  アルバート     牡7 58 ルメー  ハナ    6
9[2] 3     Bシホウ       牡7 58 浜 中  2.1/2   14
10[3] 5      ヤマカツライデン  牡6 58 松 山  1/2     11
11[7] 13      トウシンモンステラ 牡8 58 国分恭  クビ    17
12[5] 10  △  サトノクロニクル  牡4 58 川 田  3/4     5
13[5] 9      ソールインパクト  牡6 58 福 永  3      13
14[3] 6  △  ガンコ       牡5 58 藤岡佑  1/2     3
15[4] 7      ピンポン      牡8 58 宮 崎  1/2     16
16[2] 4      カレンミロティック セ10 58 池 添  1.1/2   10
17[8] 17      トミケンスラーヴァ 牡8 58 秋 山  大差    15
  
払戻金 単勝 12 600円
    複勝 12 190円 / 11 140円 / 8 240円
    枠連 6-6 1020円
    馬連 11-12 1030円 / 馬単 12-11 2510円
    3連複 8-11-12 2060円 / 3連単 12-11-8 11650円
    ワイド 11-12 400円 / 8-12 810円 / 8-11 530円	
  

感想と言い訳?!

 混戦メンバーだったため、多少の中波乱を狙ったんですが、1、2番人気の一騎打ちになりました。復調どこまで…のシュバルグランがさすがの貫禄か?!というところを内からレインボーラインが差し切り。レース後の下馬が気になりましたが、大事ないそうでよかったです。

 本命、アルバートはやはり外を回らされたのが痛かったですね。まぁ仕方ない敗戦でしょう。

このページの上部へ

Profile

bakusuinobitaです。
一応、「小心無用」がポータルページになっております。

About

中央競馬のG1レースのみを限定して適当な予想を書いております。

2010年より、本ブログスタイルに移行しましたが、それ以前のものは「PakaPakaParadise」においてあります。
もっと前のは公開してません。もう色々めんどくさくてあきらめました。

後、定番のご注意ですが、適当にやってる以上、色々間違いはきっとあるので、馬券購入の際などは主催者側の発表にてご確認下さい。

サイト内検索

月別アーカイブ

  1. 2019年12月 [2]
  2. 2019年11月 [7]
  3. 2019年10月 [7]
  4. 2019年9月 [1]
  5. 2019年6月 [4]
  6. 2019年5月 [9]
  7. 2019年4月 [6]
  8. 2019年3月 [4]
  9. 2019年2月 [1]
  10. 2019年1月 [1]
  11. 2018年12月 [9]
  12. 2018年11月 [7]
  13. 2018年10月 [6]
  14. 2018年9月 [1]
  15. 2018年6月 [5]
  16. 2018年5月 [8]
  17. 2018年4月 [6]
  18. 2018年3月 [3]
  19. 2018年2月 [2]
  20. 2017年12月 [10]
  21. 2017年11月 [7]
  22. 2017年10月 [6]
  23. 2017年9月 [1]
  24. 2017年7月 [1]
  25. 2017年6月 [4]
  26. 2017年5月 [8]
  27. 2017年4月 [7]
  28. 2017年3月 [2]
  29. 2017年2月 [2]
  30. 2017年1月 [1]
  31. 2016年12月 [8]
  32. 2016年11月 [6]
  33. 2016年10月 [7]
  34. 2016年7月 [1]
  35. 2016年6月 [4]
  36. 2016年5月 [8]
  37. 2016年4月 [6]
  38. 2016年3月 [1]
  39. 2016年2月 [2]
  40. 2016年1月 [1]
  41. 2015年12月 [8]
  42. 2015年11月 [6]
  43. 2015年10月 [7]
  44. 2015年6月 [4]
  45. 2015年5月 [9]
  46. 2015年4月 [5]
  47. 2015年3月 [2]
  48. 2015年2月 [2]
  49. 2014年12月 [8]
  50. 2014年11月 [8]
  51. 2014年10月 [6]
  52. 2014年6月 [5]
  53. 2014年5月 [9]
  54. 2014年4月 [5]
  55. 2014年3月 [2]
  56. 2014年2月 [1]
  57. 2013年12月 [7]
  58. 2013年11月 [8]
  59. 2013年10月 [6]
  60. 2013年9月 [1]
  61. 2013年6月 [4]
  62. 2013年5月 [8]
  63. 2013年4月 [6]
  64. 2013年3月 [2]
  65. 2013年2月 [2]
  66. 2012年12月 [8]
  67. 2012年11月 [7]
  68. 2012年10月 [7]
  69. 2012年9月 [1]
  70. 2012年6月 [5]
  71. 2012年5月 [7]
  72. 2012年4月 [6]
  73. 2012年3月 [2]
  74. 2012年2月 [2]
  75. 2012年1月 [1]
  76. 2011年12月 [8]
  77. 2011年11月 [6]
  78. 2011年10月 [9]
  79. 2011年7月 [1]
  80. 2011年6月 [4]
  81. 2011年5月 [8]
  82. 2011年4月 [5]
  83. 2011年3月 [3]
  84. 2011年2月 [2]
  85. 2010年12月 [8]
  86. 2010年11月 [7]
  87. 2010年10月 [7]
  88. 2010年6月 [4]
  89. 2010年5月 [10]
  90. 2010年4月 [4]
  91. 2010年3月 [2]
  92. 2010年2月 [2]

地方競馬購入(楽天競馬)

データ分析(KLAN)

Adsence