第60回 宝塚記念 予想

2019/6/23 3歳以上オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    阪神 B
  • 芝2200m
    内・右回り

  • 見込み
内回りコースというのが最大のポイント。直線短いが急坂がある。パワー型の先行馬に利。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 キセキ 牡5 58.0 川田
2 02 レイデオロ 牡5 58.0 ルメール
3 03 エタリオウ 牡4 58.0 横山典
4 04 アルアイン 牡5 58.0 北村友
5 05   タツゴウゲキ 牡7 58.0 秋山
5 06   スティッフェリオ 牡5 58.0 丸山
6 07   マカヒキ 牡6 58.0 岩田康
6 08   ショウナンバッハ 牡8 58.0 吉田豊
7 09   クリンチャー 牡5 58.0 三浦
7 10   ノーブルマーズ 牡6 58.0 高倉
8 11 スワーヴリチャード 牡5 58.0 Mデムーロ
8 12 リスグラシュー 牝5 56.0 レーン
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
M
ミドル
逃げる01はある程度は押さえたいところだが、内回りを意識して突かれる。それなりに流れる展開。
信頼度
C
実力伯仲
大きな波乱はなさそうも、海外遠征帰りも多く、力関係の比較は難しい。
予想本文 

~ 大阪杯組 vs 海外遠征組? ~
 グランプリながら時期が悪いのか、近年盛り上がりにかける宝塚記念も、今年はなかなかのメンバーが揃った。しかし、その頭数は12頭と、やはり寂しい構成。高速馬場の東京コースから一転、力のいる阪神に変わる。同コースの大阪杯組が有力も、海外遠征組が加わり、その力関係は…??

 牝馬でも本命にはリスグラシューを据える。末脚にかけるだけに取りこぼしも目立つが、その末脚は、牡馬一線級とも決して引けをとらない。阪神コースに至っては6戦3着以下なし。マイル戦が多いが、エリザベス女王杯を制しているように、このぐらいの距離の方が持ち味が活きそう。初コンビとなるレーン騎手との相性は気になるところだが、このメンバーでもしっかり差し込んでくることに期待したい。

 前走のドバイは散々な結果に終わったレイデオロ。こんな姿もみせるのかと思うほど、テンションが高いまま、逃げバテの結果に終わってしまった。ただ、国内に限れば随一の実績と安定感。やはりその点を考慮すると、これ以上印は下げられないところか。ここは立て直しの一戦。敗れるようだと、今後に暗雲も立ち込めるゆえ、陣営もしっかり仕上げてくるはず。

 キセキは最内枠を引き、ここではこの馬がハナにたち、レースを作ることとなる。状態もよく、父ルーラーシップの血統はいかにも宝塚記念向き。実際にこの馬自身、阪神コースに実績もある。トータルで死角の少ない馬だが、やはり気になるのは前走同様目標にされがちということ。あと昨年このレースを大敗しているだけに、人気を背負うここでは、一歩引いてみる。

 とにかく強い4歳世代。勝ちきれないとはいえ、そのクラシック戦線で主力級だったエタリオウは、そろそろ…の感がある。力のいる阪神の馬場は、この血統には願ってもないところ。前走の天皇賞も展開的に、後からでは厳しかった。ある程度流れる今回なら、もっとやれてもいいはず。

 すっかりG1の常連組のスワーヴリチャード。近年は少し陰りがみえるとは言え、相変わらず大舞台でも堅実なレースぶり。阪神コースにも、雨が降らなければ不安はない。少数頭だけに、連下候補には加えておきたい。

 少し間隔が開いての参戦となる大阪杯覇者、アルアイン。今回も前走同様、前をいくキセキを見ながらの非常にやりやすいレースとなるはず。ただ、一方でそれなりにマークもきつくなり、その点で少し控えめな評価としたが、もちろん上位とはほとんど差はない。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸1頭マルチ:

12
→02,01,03,11,04
(60点)
阪神、内周りで、東京での一連のG1とは大きくレースの質は異なってくる。同じ先行有利でも、力がいる馬場に対応できる能力が必要。ただ少数頭ということもあり、大きなごちゃつきもなさそうで、力通りに終わる公算も高い。およそ人気馬での決着が濃厚も、有力馬を外から見ながらレースができるリスグラシューを本命に。馬券は低オッズは気にしながらも、3連単軸一頭ながしで勝負。

Track Back

Track Back URL

このページの上部へ

Profile

bakusuinobitaです。
一応、「小心無用」がポータルページになっております。

About

中央競馬のG1レースのみを限定して適当な予想を書いております。

2010年より、本ブログスタイルに移行しましたが、それ以前のものは「PakaPakaParadise」においてあります。
もっと前のは公開してません。もう色々めんどくさくてあきらめました。

後、定番のご注意ですが、適当にやってる以上、色々間違いはきっとあるので、馬券購入の際などは主催者側の発表にてご確認下さい。

サイト内検索

月別アーカイブ

  1. 2020年5月 [6]
  2. 2020年4月 [6]
  3. 2020年3月 [2]
  4. 2020年2月 [2]
  5. 2020年1月 [1]
  6. 2019年12月 [8]
  7. 2019年11月 [7]
  8. 2019年10月 [7]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年6月 [4]
  11. 2019年5月 [9]
  12. 2019年4月 [6]
  13. 2019年3月 [4]
  14. 2019年2月 [1]
  15. 2019年1月 [1]
  16. 2018年12月 [9]
  17. 2018年11月 [7]
  18. 2018年10月 [6]
  19. 2018年9月 [1]
  20. 2018年6月 [5]
  21. 2018年5月 [8]
  22. 2018年4月 [6]
  23. 2018年3月 [3]
  24. 2018年2月 [2]
  25. 2017年12月 [10]
  26. 2017年11月 [7]
  27. 2017年10月 [6]
  28. 2017年9月 [1]
  29. 2017年7月 [1]
  30. 2017年6月 [4]
  31. 2017年5月 [8]
  32. 2017年4月 [7]
  33. 2017年3月 [2]
  34. 2017年2月 [2]
  35. 2017年1月 [1]
  36. 2016年12月 [8]
  37. 2016年11月 [6]
  38. 2016年10月 [7]
  39. 2016年7月 [1]
  40. 2016年6月 [4]
  41. 2016年5月 [8]
  42. 2016年4月 [6]
  43. 2016年3月 [1]
  44. 2016年2月 [2]
  45. 2016年1月 [1]
  46. 2015年12月 [8]
  47. 2015年11月 [6]
  48. 2015年10月 [7]
  49. 2015年6月 [4]
  50. 2015年5月 [9]
  51. 2015年4月 [5]
  52. 2015年3月 [2]
  53. 2015年2月 [2]
  54. 2014年12月 [8]
  55. 2014年11月 [8]
  56. 2014年10月 [6]
  57. 2014年6月 [5]
  58. 2014年5月 [9]
  59. 2014年4月 [5]
  60. 2014年3月 [2]
  61. 2014年2月 [1]
  62. 2013年12月 [7]
  63. 2013年11月 [8]
  64. 2013年10月 [6]
  65. 2013年9月 [1]
  66. 2013年6月 [4]
  67. 2013年5月 [8]
  68. 2013年4月 [6]
  69. 2013年3月 [2]
  70. 2013年2月 [2]
  71. 2012年12月 [8]
  72. 2012年11月 [7]
  73. 2012年10月 [7]
  74. 2012年9月 [1]
  75. 2012年6月 [5]
  76. 2012年5月 [7]
  77. 2012年4月 [6]
  78. 2012年3月 [2]
  79. 2012年2月 [2]
  80. 2012年1月 [1]
  81. 2011年12月 [8]
  82. 2011年11月 [6]
  83. 2011年10月 [9]
  84. 2011年7月 [1]
  85. 2011年6月 [4]
  86. 2011年5月 [8]
  87. 2011年4月 [5]
  88. 2011年3月 [3]
  89. 2011年2月 [2]
  90. 2010年12月 [8]
  91. 2010年11月 [7]
  92. 2010年10月 [7]
  93. 2010年6月 [4]
  94. 2010年5月 [10]
  95. 2010年4月 [4]
  96. 2010年3月 [2]
  97. 2010年2月 [2]

地方競馬購入(楽天競馬)

データ分析(KLAN)

Adsence