第61回 宝塚記念 予想

2020/6/28 3歳以上オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    阪神 B
  • 芝2200m
    内・右回り

  • 見込み
内回りコースというのが最大のポイント。直線短いが急坂がある。パワー型の先行馬に利。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 トーセンカンビーナ 牡4 58.0 浜中俊
1 02   ペルシアンナイト 牡6 58.0 和田竜二
2 03 グローリーヴェイズ 牡5 58.0 D.レーン
2 04   アフリカンゴールド セ5 58.0 藤井勘一郎
3 05 サートゥルナーリア 牡4 58.0 C.ルメール
3 06   トーセンスーリヤ 牡5 58.0 横山和生
4 07 ワグネリアン 牡5 58.0 福永祐一
4 08   レッドジェニアル 牡4 58.0 酒井学
5 09   アドマイヤアルバ セ5 58.0 西村淳也
5 10   メイショウテンゲン 牡4 58.0 松山弘平
6 11 ラッキーライラック 牝5 56.0 M.デムーロ
6 12   モズベッロ 牡4 58.0 池添謙一
7 13   ダンビュライト セ6 58.0 松若風馬
7 14   キセキ 牡6 58.0 武豊
7 15   スティッフェリオ 牡6 58.0 幸英明
8 16 クロノジェネシス 牝4 56.0 北村友一
8 17   カデナ 牡6 58.0 鮫島克駿
8 18 ブラストワンピース 牡5 58.0 川田将雅
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
S
スロー
例によって14が押し出され気味のハナか。ペースは相当にゆるくなり、馬場も悪そう。前残りに注意したい。
信頼度
C
上位互角
さすがにG1馬が揃って、上位陣の力量は高いレベルで互角。展開や馬場状態にも左右されそうで、仕掛けどころが重要。
予想本文 

~ 豪華メンバー再び ~
 アーモンドアイ、リスグラシューは不在とはいえ、安田記念に続いてG1馬8頭が揃った豪華メンバー。グランプリながら季節的にメンバーが揃わないことの多いこのレースだが、今年は海外競馬中止の影響も受けたようだ。

 これだけメンバーが揃うと、少なからず逆らいたい気持ちもあったが、サートゥルナーリアはやはり隙がない。東京コースで取りこぼしが多かっただけに、左回りを少し懸念した前走の金鯱賞が余裕の完勝劇。追い切り具合が申し分なく、鞍上は名手。そして得意の右回りとくれば、逆らう理由がない。

 復帰後、もうひとつ波にのれないワグネリアンだが、ハイレベルのG1を大崩れなく好走しているあたりはさすがにダービー馬。前走、大阪杯では十分に力を出しきれなかった印象が強く、ここは巻き返す余地あり。馬場が渋化しそうな阪神コースもこの馬には味方しそう。人気的にも旨味があり、ここはあえて狙ってみたい。

 エリザベス女王杯を制して以降、完全に充実期に入ったラッキーライラック。前走は苦しい内をさばいて力強く抜け出したあたり、さすがの貫禄。少し間は空いたものの、引き続き、先行有利な展開が予想される得意の阪神。精神的にも成長した今なら大きく崩れる姿は想像しづらい。

 クロノジェネシスも距離が伸びたとはいえ、内回りの阪神コースは歓迎材料。加えて雨が降るなら、なおのこと、先行しぶといこの馬の得意パターンがハマってくる。ピークは前走の大阪杯にあったと思われ、少し評価を下げたが、それでもここで受ける展開利は大きく、何より古馬牡馬混合レースでもしっかりと好走を続ける信頼は厚い。

 前走、あまりに不甲斐ない負け方となったブラストワンピース。しかし、ここは巻き返しがありそうな舞台。力のいる馬場を得意としており、重馬場にも強い。勝つか、大敗かの一発型なので、軸としては不向きも、ここは期待してもよさそう。一方、ここで駄目なら少し先は厳しくなる背水の戦いでもある。

 香港でラッキーライラックに土をつけたグローリーヴェイズ。ドバイ遠征がなくなり、こちらに矛先が向いたが、国内G1を制してもおかしくない力をつけてきている。ここは半年ぶりの実戦となるが、警戒は必要。

 地味ながら、スティッフェリオも前走の天皇賞・春のハナ差2着はたくましさを見せつけた。近走の内容が良いだけに、前走同様、積極策で先行できれば面白い。

 穴狙いでトーセンカンビーナ。この距離に実績があり、G1にも前走で一定の目処。現在の好調さに明け4歳の伸びしろを加えれば、好走があっても驚けない。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

05=07
→11,16,18,03,15,01
(36点)

05=11
→07,16,18,03,15,01
(36点)
簡単なようで意外と難しい今回の展開。キセキの出方ひとつだが、おそらくはスローペース。当日の雨次第では、やはり力のある先行馬有利だろう。サートゥルナーリアにとっては、油断できないところもあるが、現在の完成度の高さを信頼したい。相手は少し冒険してワグネリアンを抜擢。ラッキーライラック、クロノジェネシスの大阪杯組を押さえに3連単2頭軸マルチながしで挑む。

Track Back

Track Back URL

このページの上部へ

Profile

bakusuinobitaです。
一応、「小心無用」がポータルページになっております。

About

中央競馬のG1レースのみを限定して適当な予想を書いております。

2010年より、本ブログスタイルに移行しましたが、それ以前のものは「PakaPakaParadise」においてあります。
もっと前のは公開してません。もう色々めんどくさくてあきらめました。

後、定番のご注意ですが、適当にやってる以上、色々間違いはきっとあるので、馬券購入の際などは主催者側の発表にてご確認下さい。

サイト内検索

月別アーカイブ

  1. 2020年10月 [6]
  2. 2020年6月 [5]
  3. 2020年5月 [9]
  4. 2020年4月 [6]
  5. 2020年3月 [2]
  6. 2020年2月 [2]
  7. 2020年1月 [1]
  8. 2019年12月 [8]
  9. 2019年11月 [7]
  10. 2019年10月 [7]
  11. 2019年9月 [1]
  12. 2019年6月 [4]
  13. 2019年5月 [9]
  14. 2019年4月 [6]
  15. 2019年3月 [4]
  16. 2019年2月 [1]
  17. 2019年1月 [1]
  18. 2018年12月 [9]
  19. 2018年11月 [7]
  20. 2018年10月 [6]
  21. 2018年9月 [1]
  22. 2018年6月 [5]
  23. 2018年5月 [8]
  24. 2018年4月 [6]
  25. 2018年3月 [3]
  26. 2018年2月 [2]
  27. 2017年12月 [10]
  28. 2017年11月 [7]
  29. 2017年10月 [6]
  30. 2017年9月 [1]
  31. 2017年7月 [1]
  32. 2017年6月 [4]
  33. 2017年5月 [8]
  34. 2017年4月 [7]
  35. 2017年3月 [2]
  36. 2017年2月 [2]
  37. 2017年1月 [1]
  38. 2016年12月 [8]
  39. 2016年11月 [6]
  40. 2016年10月 [7]
  41. 2016年7月 [1]
  42. 2016年6月 [4]
  43. 2016年5月 [8]
  44. 2016年4月 [6]
  45. 2016年3月 [1]
  46. 2016年2月 [2]
  47. 2016年1月 [1]
  48. 2015年12月 [8]
  49. 2015年11月 [6]
  50. 2015年10月 [7]
  51. 2015年6月 [4]
  52. 2015年5月 [9]
  53. 2015年4月 [5]
  54. 2015年3月 [2]
  55. 2015年2月 [2]
  56. 2014年12月 [8]
  57. 2014年11月 [8]
  58. 2014年10月 [6]
  59. 2014年6月 [5]
  60. 2014年5月 [9]
  61. 2014年4月 [5]
  62. 2014年3月 [2]
  63. 2014年2月 [1]
  64. 2013年12月 [7]
  65. 2013年11月 [8]
  66. 2013年10月 [6]
  67. 2013年9月 [1]
  68. 2013年6月 [4]
  69. 2013年5月 [8]
  70. 2013年4月 [6]
  71. 2013年3月 [2]
  72. 2013年2月 [2]
  73. 2012年12月 [8]
  74. 2012年11月 [7]
  75. 2012年10月 [7]
  76. 2012年9月 [1]
  77. 2012年6月 [5]
  78. 2012年5月 [7]
  79. 2012年4月 [6]
  80. 2012年3月 [2]
  81. 2012年2月 [2]
  82. 2012年1月 [1]
  83. 2011年12月 [8]
  84. 2011年11月 [6]
  85. 2011年10月 [9]
  86. 2011年7月 [1]
  87. 2011年6月 [4]
  88. 2011年5月 [8]
  89. 2011年4月 [5]
  90. 2011年3月 [3]
  91. 2011年2月 [2]
  92. 2010年12月 [8]
  93. 2010年11月 [7]
  94. 2010年10月 [7]
  95. 2010年6月 [4]
  96. 2010年5月 [10]
  97. 2010年4月 [4]
  98. 2010年3月 [2]
  99. 2010年2月 [2]

地方競馬購入(楽天競馬)

データ分析(KLAN)

Adsence