2021年10月のエントリー 一覧

2021/10/31 3歳以上オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    東京 B
  • 芝2000m
    左回り

  • 見込み
今週からCコース。今年はG1レースでも内の先行馬が残るケースが目立った。引き続きその傾向は続くが、大勢に影響をするほどでもなさそう。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 コントレイル 牡4 58.0 福永
1 02   カデナ 牡7 58.0 田辺
2 03   モズベッロ 牡5 58.0 池添
2 04 ポタジェ 牡4 58.0 川田
3 05 エフフォーリア 牡3 56.0 横山武
3 06   トーセンスーリヤ 牡6 58.0 横山和
4 07   ワールドプレミア 牡5 58.0 岩田康
4 08   サンレイポケット 牡6 58.0 鮫島駿
5 09 グランアレグリア 牝5 56.0 ルメール
5 10   カイザーミノル 牡5 58.0 横山典
6 11   ムイトオブリガード 牡7 58.0 柴田善
6 12   ラストドラフト 牡5 58.0 三浦
7 13   ペルシアンナイト 牡7 58.0 大野
7 14 カレンブーケドール 牝5 56.0 戸崎圭
8 15 ヒシイグアス 牡5 58.0 松山
8 16   ユーキャンスマイル 牡6 58.0 藤岡佑
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
S
スロー
生粋の逃げ馬不在で、流れは遅い。東京コースでも先行馬に利がありそう。
信頼度
B
上位安泰
主力級の力は抜けている感があり、舞台設定からも波乱要素は少ない。
予想本文 

~ 三冠馬の復権 ~
 三冠馬、コントレイルがこのレースとジャパンカップを最後に引退となる。三冠を制した後は、未勝利となってしまった。稀代の女帝が相手だったり、道悪だったりと、不運な面もあるが、現状、歴代三冠馬の中では地味な印象は拭えない。残り2戦をどのようなレースを見せるかで真価が問われる。

 ここは負けられぬコントレイル。アーモンドアイに破れたJCはともかく、大阪杯の敗戦はショックが大きかった。前のレイパパレは仕方ないとしても、モズベッロに後ろから差されてしまう姿はちょっと想像できなかった。ただ、先着された2頭のその後を鑑みると、力の差というより、やはり道悪の要素が大きく響いたのだろう。宝塚記念も回避し、十分な充電期間を経てリフレッシュ。休養明けとはなるが、乗り込み量豊富で、相変わらず高い完成度を披露。切れ味勝負の東京2000mは願ってもない舞台。ここなら相手は誰であれ、譲ってはいけない。

 立ちはだかるは、やはりルメールとグランアレグリア。スプリント戦であれだけの強さを見せている以上、確かにこの距離は本来適正ではないのかもしれない。しかし、大阪杯ではしっかりと折り合い、コントレイルと互角の競馬。最後は重馬場の阪神の坂に力尽きたが、2000mへの対応は何ら問題ないことを示した。気になるのは、8月の喉ナリの手術だが、幸い、何らかの疾患ではなく、喉頭蓋エントラップメントと、軽度であったため、大きな影響はないと見てよさそう。差し脚が身上だけに、スローの展開は歓迎しないが、東京コースで、この鞍上なら、まず大崩れはないだろう。

 素直に力量を問うなら、3番手はやはり3歳世代筆頭エフフォーリア。菊花賞を回避してこちらに駒を進めたのは正解に思えるが、こちらは相手となる古馬2騎が強力。ただ、3歳馬ゆえ、斤量2キロ減の恩恵がある。これなら2強にも渡り合えると、陣営の自信も推して知るべし。さらにこの馬は比較的前で競馬ができるため、展開も向く。早め先行から出し抜けが決まれば、当該距離無敗の実績が黙ってはおらず、高らかに世代交代を告げることも可能。

 勝ちきれぬ弱さと、絶対に崩れない強さを併せ持つカレンブーケドール。重賞未勝利とはいえ、G1級の能力があることは誰しもが知るところ。ただ、惜しむらくはいい脚が一瞬しか使えない。そういう意味では、この舞台は力が発揮しやすいはず。外枠は気がかりだが、馬券対象からは外せない馬。宝塚記念以来となるが、仕上がり絶好で抜かりはない。

 久しぶりの復帰戦となるヒシイグアス。もう5歳馬だが、間隔を開けながら4連勝と、キャリア浅く、底も割れていない。中距離に実績が集中し、東京コースも得意。今の力でこの舞台をどこまでやれるか見届けたい。

 こちらも堅実、かつ中距離専科のポタジェ。重賞、リステッドレベルで勝ち負けレベルの好走が続き、休養明けで挑んた毎日王冠でも3着。東京コースでは切れる脚があり、この馬自身の能力は全開できるはず。後続勢が不発に終わる展開となれば、押し切りも。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

01=09
→05,14,15,04
(24点)
3歳世代代表、エフフォーリアの強さは認めるものの、やはり、コントレイルとグランアレグリアの古馬2騎が抜けているか。この両者の差はつけられず、並んでの追い比べなら前者、並ぶ間もなく外から差すなら後者か、といったところ。要は展開一つだが、総合力でコントレイルを頭に据えたい。馬券はこの2頭からの3連単マルチながし。実力に開きがあるように思えるため、ヒモはあまり手広くいかずに、絞り込みたい。
2021年10月24日(日) / 阪神 3000m 芝・右 内 / 曇・良
3歳 / 牡牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[2] 3     タイトルホルダー  牡3 57 横山武  3:05.4  4
2[8] 18  ○ オーソクレース   牡3 57 ルメー  5      3
3[6] 11  ▲ ディヴァインラヴ  牝3 55 福 永  アタマ  6
4[7] 14  △ ステラヴェローチェ 牡3 57 吉田隼  ハナ    2
5[4] 7  ☆ ディープモンスター 牡3 57  武   1.1/2   7
6[5] 9  ☆ ヴェローチェオロ  牡3 57  幸   クビ    12
7[7] 13     アリーヴォ     牡3 57 デムー  3/4     11
8[4] 8     エアサージュ    牡3 57 藤岡佑  3/4     10
9[1] 2     アサマノイタズラ  牡3 57 田 辺  アタマ  5
10[8] 17  △ ヴィクティファルス 牡3 57 池 添  3/4     8
11[3] 6     セファーラジエル  牡3 57 鮫島克  1/2     17
12[2] 4  ☆ ロードトゥフェイム 牡3 57 丹 内  1/2     15
13[3] 5  ◎ レッドジェネシス  牡3 57 川 田  1/2     1
14[5] 10     モンテディオ    牡3 57 横山和  2      13
15[8] 16     グラティアス    牡3 57 松 山  クビ    14
16[7] 15     ヴァイスメテオール 牡3 57 丸 山  2.1/2   9
17[6] 12     ノースザワールド  牡3 57 和田竜  2.1/2   18
18[1] 1     ワールドリバイバル 牡3 57 津 村  6      16
  
払戻金  [単 勝]  3 800円
        [複 勝]  3 290円/ 18 210円/ 11 480円
        [枠 連]  2-8 1600円
        [馬 連]  3-18 2420円
        [ワイド]  3-18 1050円 / 3-11 2590円 / 11-18 1410円
        [馬 単]  3-18 5220円
        [3連複]  3-11-18 14610円
        [3連単]  3-18-11 79560円
  

感想と言い訳?!

 タイトルホルダーが楽な手応えでそのまま押し切ってしまいました。正直「騙されたー」の気分です。この馬を無印にした理由ですが、前走、確かに包まれて行き場をなくしていたのですが、それでも十分割れるだけの隙間があった。それにもかかわらず、全く伸びてこなかった事で、今回は危険な人気馬と判断してしまいました。追わなかったのは本番で消耗しないよう、無理しなかったのかもしれませんね。

 そして、もう一頭の「騙されたー」の気分は、本命にしたレッドジェネシスでしょうか。あまりにも後方するぎる位置から全く伸びませんでした。

 一方、オーソクレースはコーナーで手一杯になったかと思いましたが、ちゃんと伸びてくるあたり、ルメール騎手がさすがと思える騎乗っぷり。牝馬のディヴァインラヴもちゃんと来てくれただけに、やるせないですねー(^^;

2021/10/24 3歳オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    阪神 A
  • 芝3000m
    内・右回り

  • 見込み
京都競馬場の代替えで、今年は阪神開催。内回りコースである点に注意。長距離ゆえにスローに陥りがちで、直線の短さを考えても、追い込みは至難の業。瞬発力勝負に対応できるパワー型先行馬に利がある。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01   ワールドリバイバル 牡3 57.0 津村
1 02   アサマノイタズラ 牡3 57.0 田辺
2 03   タイトルホルダー 牡3 57.0 横山武
2 04 ロードトゥフェイム 牡3 57.0 丹内
3 05 レッドジェネシス 牡3 57.0 川田
3 06   セファーラジエル 牡3 57.0 鮫島駿
4 07 ディープモンスター 牡3 57.0 武豊
4 08   エアサージュ 牡3 57.0 藤岡佑
5 09 ヴェローチェオロ 牡3 57.0
5 10   モンテディオ 牡3 57.0 横山和
6 11 ディヴァインラヴ 牝3 55.0 福永
6 12   ノースザワールド 牡3 57.0 和田竜
7 13   アリーヴォ 牡3 57.0 Mデムーロ
7 14 ステラヴェローチェ 牡3 57.0 吉田隼
7 15 ヴァイスメテオール 牡3 57.0 丸山
8 16   グラティアス 牡3 57.0 松山
8 17   ヴィクティファルス 牡3 57.0 池添
8 18 オーソクレース 牡3 57.0 ルメール
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
MH
ミドルハイ
主力12がハナを切り、直後に13が追う。
スローはありえないが、極端な乱ペースもなさそう。
信頼度
D
混戦
春以来の参戦馬も多く、各場、抜けた実力差もない。大きな舞台替わりも伴い、波乱要素は強い。
予想本文 

~ 皐月も優駿もいない秋 ~
 三冠レース最後の菊花賞。しかしここに皐月賞馬もダービーもいない。やや寂しいメンバー構成だが、昔ながらの表現では、菊花賞は古馬になっても活躍する「最も強い馬」が勝つレース。阪神コースでの菊花賞というものなかなか乙というものだ。長距離を走った挙げ句、最後に急坂が待つという超過酷レースを耐えぬけるのはどの馬か。

 本命にはレッドジェネシスを推す。ダービーこそ、後方置いてけぼりの競馬となったが、デビューから意識的に長距離を使われ、この距離には自信があるはず。休養明けの前走も2着と、まずまず以上の結果を出し、叩き2走目で挑むこの舞台。内回りは末が鈍る可能性が出てくるが、コースロスのない内枠を引けたことも大きい。トータル面での欠点が少なく、以前の主戦騎手に戻ったこともプラスに働きそう。

 今回、密かに期待していたマリアライトとエピファネイアの良血馬、オーソクレース。しかし、なんと不運にも大外枠を引いてしまった。スタートすぐにコーナーが来る阪神内回りにおいて、これは大きな不利をかぶることになる。骨折明けで挑んだ前走は少し反応が鈍いところをみせていたが、今後も信用できるだけの上々の結果。ここはさらなる上積みに加え、これまでの成長力を改めて問われる一戦となるが、名手の腕も借りつつ、この試練を乗り越えてほしい。

 牝馬ながら菊花賞への参戦を選択したディヴァインラヴ。軽量、かつ、条件戦だが、長距離レースを連勝。牡馬クラシック勢の弱体化が伺える今なら、この挑戦はあながち無謀とも思えない。引き続き、他馬より軽い斤量で挑めるのも、長距離レースでは大きなアドバンテージ。気性的に牝馬が長距離を勝つのが難しいというのは調整方法が確立できていなかった過去の話。脚質、血統ともこの舞台に適しており、このメンバーなら有力馬の一頭であることは間違いない。

 とにかく前走の勝ちっぷりが強烈に印象に残るヴァイスメテオール。3ヶ月ぶりのぶっつけと、血統的にこの距離への対応には、さすがに不安が残る。それでもここまで評価をつけざるを得ないほどの魅力あふれる末脚の持ち主。ここまで2度の敗戦があるが、致命的な大敗はなく、常に早い上がりを見せている。距離さえ克服できれば、一発は十分見込めるはず。

 皐月賞、ダービー連続3着のステラヴェローチェ。クロノジェネシスを輩出してからは、バゴ産駒には敬意を払いたい。この距離にも対応してくると思っていてよいだろう。ただ、皐月賞、ダービーは着差以上に勝ち馬に完敗の印象。前走のトライアルをしっかり勝利した点は評価できるが、ここでこの馬に楽々勝たれるようだと、少々残念な気持ちになってしまいそう。その点で、力は認めているものの、ここは少し押さえ気味の評価とした。

 2勝馬クラスだが、ヴェローチェオロも面白そうな一頭。長距離レースでのどっしり構えた先行抜け出しの競馬っぷりは、このレースで期待を抱かせるもの。血統的にも長い距離は望むところなはずで、下剋上演出も少なからずある。

 ロードトゥフェイムも下級条件馬ながら、この舞台で魅力的な一頭。前走は同着ながら、同クラスとしてはかなりの好時計での勝利。追い切り内容もよく、ここは相手は強いが、なかなか好走条件は揃っている。

 大敗したダービー以来となるが、逆にその空いた期間が不気味なディープモンスター。当日の気配や馬体重には要注目とはなるが、調教では好調をアピール。夏の間の成長が見込めるならば、春の雪辱へと名手が導いてくれる。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

05=18
→11,15,14,09,04,07
(36点)

05=11
→18,15,14,09,04,07
(36点)
各馬実力が均衡している…というより、測りづらい状況。基本的には春の実績馬に対して、新興勢力がどこまで食い込めるかという構図。ダービー、皐月賞馬が不在でも、やはり春の実績馬がやや有利とみる。ただ、ちょっと視点はずらして、レッドジェネシスを軸としてみた。相手に大外枠でも鞍上がなんとかしそうなオーソクレース、牝馬でもディヴァイラヴ。ここから3連単マルチながしで挑みたい。ただ、紐には新興勢力勢を加えて楽しみを持っておきたい。
2021年10月17日(日) / 阪神 2000m 芝・右 内 / 晴・良
3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢
レース結果
着 枠 馬番 印  馬名               性齢 斤 騎手   着差   人気
1[6] 12  ▲  アカイトリノムスメ 牝3 55 戸  崎 2:01.2  4
2[7] 14  ○  ファインルージュ   牝3 55 ルメー 1/2     2
3[5] 9  △  アンドヴァラナウト 牝3 55 福  永 1/2     3
4[3] 5  ☆  エイシンヒテン     牝3 55 松  若 1.1/2   10
5[3] 6      スライリー         牝3 55 石  川 クビ    15
6[1] 2      ステラリア         牝3 55   武   クビ    9
7[5] 10  ☆  アールドヴィーヴル 牝3 55 松  山 クビ    6
7[8] 15  ☆  アナザーリリック   牝3 55 津  村 同着    8
9[8] 16      ミスフィガロ       牝3 55 藤岡康 1.1/4   12
10[2] 4  ◎  ソダシ             牝3 55 吉田隼 1/2     1
11[1] 1      スルーセブンシーズ 牝3 55 大  野 1      7
12[4] 7  △  サルファーコスモス 牝3 55 川  田 1/2     11
13[6] 11      ユーバーレーベン   牝3 55 デムー 1.3/4   5
14[4] 8     Bエンスージアズム   牝3 55 岩田望 クビ    16
15[2] 3      クールキャット     牝3 55 和田竜 10      13
16[7] 13      ホウオウイクセル   牝3 55 丸  田 1      14
  
払戻金  [単 勝]  12 890円
        [複 勝]  12 260円/ 14 190円/ 9 240円
        [枠 連]  6-7 1330円
        [馬 連]  12-14 2250円
        [ワイド]  12-14 800円 / 9-12 1030円 / 9-14 710円
        [馬 単]  12-14 4890円
        [3連複]  9-12-14 4190円
        [3連単]  12-14-9 26410円
  

感想と言い訳?!

 大好きな馬なのにどうも相性が合わないソダシ。今回は危ない…とは思いつつ、勝たれてしまったら、きっと嫌いになってしまうとの想いからの本命。しかし結果は大敗。オークスと違って落ち着いていたし、展開も思い通りのスロー。道中はこれは勝ったかと思ったら、4コーナーで手応えがなってしまった。ゲートで顔をぶつけ、歯から流血していたというアクシデントはあったそうです。ただ、52キロだった前走とは異なり、距離的にはこのあたりがクロフネ産駒の限界なのかもしれません。次走での復活に期待したいです。(ダートG1走ってくれないかなぁ。 笑)

 さて、勝ったのは同じ金子オーナーの馬、アカイトリノムスメ。春の鬱憤を晴らすかのような見事な差し脚。見事アパパネとの親子制覇を成し遂げました。また、上位陣は有力馬がすんなりと入り、ソダシを除けば概ね波乱のない内容でした。

2021/10/17 3歳牝馬オープン 馬齢 指定 国際
施行コース
  • 11R
    阪神 A
  • 芝2000m
    内・右回り

  • 見込み
内回りコースで小回りとなる中、直線も短い。向正面で落ち着きやすく、スローで流れがち。直線の瞬発力勝負になる。当日は重馬場の可能性が高く、やはりパワー型の先行馬に利がありそう。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01   スルーセブンシーズ 牝3 55.0 大野 拓弥
1 02   ステラリア 牝3 55.0 武 豊
2 03   クールキャット 牝3 55.0 和田 竜二
2 04 ソダシ 牝3 55.0 吉田 隼人
3 05 エイシンヒテン 牝3 55.0 松若 風馬
3 06   スライリー 牝3 55.0 石川 裕紀人
4 07   サルファーコスモス 牝3 55.0 川田 将雅
4 08   エンスージアズム 牝3 55.0 岩田 望来
5 09 アンドヴァラナウト 牝3 55.0 福永 祐一
5 10 アールドヴィーヴル 牝3 55.0 松山 弘平
6 11 ユーバーレーベン 牝3 55.0 M.デムーロ
6 12 アカイトリノムスメ 牝3 55.0 戸崎 圭太
7 13   ホウオウイクセル 牝3 55.0 丸田 恭介
7 14 ファインルージュ 牝3 55.0 C.ルメール
8 15 アナザーリリック 牝3 55.0 津村 明秀
8 16   ミスフィガロ 牝3 55.0 藤岡 康太
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
M
ミドル
05の逃げを、04がつつく。であれば、それほど早いペースにはならないはず。
信頼度
C
穴馬注意
春からのぶっつけ組や、格下挑戦馬も多い。例年とは条件も異なることもあり、思わぬ波乱も警戒が必要。
予想本文 

~ 復権挑む白き女王 ~
 オークスで破れた白毛の女王ソダシ。復帰戦には夏の別路線を選択して見事勝利。今年、このレースは初の阪神開催、天候・馬場も微妙。そして、対するオークス1、2着馬はそろってぶっつけ。トライアル組はというと、鞍上入れ替えなどもあり、混戦模様に拍車をかけている。

 クロフネ産駒は距離に限界があると囁かれる中、挑んだオークスで、やはり惨敗を喫してしまったソダシ。しかし、前走、札幌記念では見事に2000mを克服。52キロという軽量とはいえ、先輩古馬G1馬3頭を力でねじ伏せた。オークスで見せていた行きたがる素振りも全くなく、これなら大丈夫!と思わせるに十分な内容。加えて今年は得意の阪神コース。重馬場予報も、先行馬たるこの馬には向くはず。とにかく弱点であった気性面の成長が見られたことは大きい。後は当然予測される徹底マークと、並んだら差し返す勝負根性が優れていることはすでに知られているだけに、外からの急襲に注意したい。

 前走紫苑Sで鮮やかな差し切りを見せたファインルージュ。桜花賞、オークスともにソダシより着順は下回ってこそいるが、あと一歩のところまで追い詰めた桜花賞での末脚はやはり怖い。福永騎手はアンドヴァラナウトを選んだが、無事元相棒のルメール騎手を確保。何よりきっちりトライアルを勝ってきた点も好感が持てる。敵は重馬場で、前を行くであろうソダシをどの位置から仕掛けるかが難しいところだが、そこは名手に任せたい。

 良血馬アカイトリノムスメも評価的には上位2頭とヒケをとらない。オークスは桜花賞と全く違う展開となり、桜花賞組は多くが惨敗を喫した中、両レースとも好走した点は評価したい。どんな展開・条件にも対応できる柔軟さは、休養明けの不安をも一掃する。春、もう一歩、届かなかった差分。それを埋める成長がこの夏にあったかが鍵とはなるが、併せ馬での熱心な追い切りを見る限り、その期待には応えてくれそう。おそらく、無様な競馬とはならないはず。

 エアグルーヴとディープインパクトの仔で、今回と同じ舞台、マーメイドS勝ちのあるグルヴェイグを母に持つアンドヴァラナウト。1勝馬クラスを勝ち上がったばかりの馬が、続いて非常に強い内容で、初重賞ローズSをも勝利。ローズSは中京コースということもあって、今回のレースとの親和性という点では例年よりは希薄ではあるが、それを差し引いても見事な勝ち方。前に行くこともできる自在性ある脚質も魅力だ。

 オークス馬、ユーバーレーベンはぶっつけでも仕上がり良好。ゴールドシップ産駒の影響か、中距離以上の距離でこそ能力発揮するタイプ。ならば、ソダシに完敗した過去も、マイル戦以下であったことを踏まえれば度外視できるか。問題は今回の阪神コースとその馬場状態。かなり後ろに位置するタイプなので、今回の情勢では、届かないという可能性は出てくる。

 少し視点を変えて、アナザーリリックも面白そう。2000mは初距離とはなるが、前走の勝ちっぷりがいい。牡馬混合のG1、NHKマイルでは着順を落としたが、その差は僅か。差し一辺倒の脚質ゆえ、展開面での不安はあるが、逆にハマれば思わぬ差し込みも。

 勝ちきれぬもどかしさこそあるものの、堅実な末脚を持つアールドヴィーヴルも連下には怖い存在。前走は1番人気に応えられなかったが、窮屈な競馬を強いられ、馬群を割るのに苦労した。一叩きの上積みに加え、スムーズな展開に恵まれれば、まだチャンスはある。

 逃げるエイシンヒテンは、前走が展開的にかなり恵まれた形であったため、今回も同じように都合よく事が運ぶかは微妙なところだが、なんと行っても単騎逃げが見込めるだけに、重馬場の阪神内回りコースなら、警戒は必要か。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

04=14
→12,09,11,15,10,05
(36点)

04=12
→14,09,11,15,10,05
(36点)
圧倒的1番人気が予想されるソダシには、正直迷いも生じたが、純粋に応援したい気持ちもあって、ここも本命視。もちろん十分にその実力は伴っていると判断してのもの。相手にはローズS組よりも舞台設定の似通った紫苑Sを勝ったファインルージュ。ぶっつけではあるが、アカイトリノムスメも同等の力があるとみて、馬券はソダシから両馬を相手に3連単マルチながしで挑みたい。
2021年10月3日(日) / 中山 1200m コース・右 外 / 晴・良
3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印  馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[2] 4  ○  ピクシーナイト     牡3 55 福  永  1:07.1  3
2[6] 12  △  レシステンシア     牝4 55 ルメー  2      2
3[1] 1     Bシヴァージ         牡6 57 吉田隼  アタマ  10
4[3] 6  △  メイケイエール     牝3 53 池  添  2.1/2   7
5[8] 16  ☆  モズスーパーフレア 牝6 55 松  若  ハナ    5
6[7] 14  ▲  ダノンスマッシュ   牡6 57 川  田  アタマ  1
7[4] 8      ビアンフェ         セ4 57 藤岡佑  クビ    9
8[5] 9  ☆  クリノガウディー   牡5 57 岩田康  1/2     6
9[1] 2      ミッキーブリランテ 牡5 57 和田竜  クビ    13
10[2] 3      ラヴィングアンサー 牡7 57 岩田望  ハナ    15
11[6] 11  ◎  ジャンダルム       牡6 57 浜  中  1/2     4
12[4] 7      タイセイビジョン   牡4 57 三  浦  1.1/4   11
13[5] 10      エイティーンガール 牝5 55 横山和  アタマ  14
14[7] 13  ☆  アウィルアウェイ   牝5 55 戸  崎  3/4     12
15[3] 5     Bファストフォース   牡5 57 鮫島克  1      8
16[8] 15      ロードアクア       牡5 57 田中健  2.1/2   16
  
払戻金  [単 勝]  4 530円
        [複 勝]  4 200円/ 12 160円/ 1 770円
        [枠 連]  2-6 700円
        [馬 連]  4-12 890円
        [ワイド]  4-12 460円 / 1-4 2760円 / 1-12 2030円
        [馬 単]  4-12 1910円
        [3連複]  1-4-12 9050円
        [3連単]  4-12-1 38610円
  

感想と言い訳?!

 昨年と同様、モズスーパーフレアとビアンフェの逃げ馬が揃っていながら、昨年とは同じ展開にはならないものですね。ペースは予想以上に落ち着いた流れとなり、後方にいては届かない展開となってしまいました。そんな中、ピクシーナイトは好スタートから好位につける競馬で見事な横綱相撲。スプリント界においては当面この馬が中心となることを主張する見事な勝利でした。

 2着にはレシステンシアが流石の地力をみせつけましたが、3着にシヴァージが入って波乱となりました。持ち時計的に厳しいとみていたのですが、よく頑張りました。本命にしたジャンダルムは出遅れはなかったんですが、全然伸びませんでした…。

2021/10/1 3歳以上オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    中山 C
  • 芝1200m
    外・右回り

  • 見込み
常にコーナーとなるため、外枠は不利。テンからの早いペースについていき、直線の急坂でも耐えることができる先行馬が理想。差し馬は直線前には捉える必要がある。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01   シヴァージ 牡6 57.0 吉田隼
1 02   ミッキーブリランテ 牡5 57.0 和田竜
2 03   ラヴィングアンサー 牡7 57.0 岩田望
2 04 ピクシーナイト 牡3 55.0 福永
3 05   ファストフォース 牡5 57.0 鮫島駿
3 06 メイケイエール 牝3 53.0 池添
4 07   タイセイビジョン 牡4 57.0 三浦
4 08   ビアンフェ セ4 57.0 藤岡佑
5 09 クリノガウディー 牡5 57.0 岩田康
5 10   エイティーンガール 牝5 55.0 横山和
6 11 ジャンダルム 牡6 57.0 浜中
6 12 レシステンシア 牝4 55.0 ルメール
7 13 アウィルアウェイ 牝5 55.0 戸崎圭
7 14 ダノンスマッシュ 牡6 57.0 川田
8 15   ロードアクア 牡5 57.0 田中健
8 16 モズスーパーフレア 牝6 55.0 松若
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
H
ハイ
ハイペースとなった昨年と同様のメンバーで、この距離としてもかなりのハイペース模様。差し馬中心で考えたい。
信頼度
C
展開頼み
やや雨残りの芝で、先行勢の動きによって、大きく結果は変わってきそう。
予想本文 

~ 押し切りか?差し切りか? ~
 クロノジェネシスが参戦する凱旋門賞の行方も気になるが、国内でも秋のG1戦線開幕を告げるスプリンターズS。昨年はハイペースの中、先行勢総崩れとなったこのレース。今年も同じようなメンバーだが、先行勢のレースぶりには注目したい。

 ジャンダルムをここは抜擢してみたい。今回の有力馬が揃っていた前哨戦のセントウルSで、出遅れながら、かなりの後方から猛追しての4着。一概に出遅れがなければ…とは安易にはいえないものの、溜めた時の末脚は信頼に足るもの。前々走の大敗についても、出負けした上、平均ペースとなり、加えて大外を回した結果。今回も同様の展開となると大敗もありえるが、G1の舞台でなら流れる形になるだろう。

 勢いある3歳馬、ピクシーナイトも魅力的。いま一歩のレース続きではあったが、ここ2戦で、スプリント能力開花を感じさせる内容をみせた。勝ち星こそつかなかったが、古馬一線級と互角の内容で、特に前走は、開幕週の外枠の中での頑張り。血統的にもスプリント向きで、今の勢いなら、一気に頂点まで駆け抜けるか。差し馬ゆえ、揉まれる不安はあるものの、内枠であることもチャンスと捉えたい。

 鉄砲実績が4つもあるダノンスマッシュ。リフレッシュされた状態こそ、よく走るのは周知の事実。それゆえ休養明けについては全く問題はない。だが、海外競馬だったとはいえ、これまでの安定した成績から、大敗してしまったことは少々気にかかる材料。無論、実績は最上位で、すっかり板についたスプリント戦における差す競馬っぷりも安定感十分。絶対視は危険だが、当然外すわけにはいかない主役級ホース。

 強豪メンバーが揃った前走、さすがの力量をみせたレシステンシア。差し馬有利の早い流れにもかかわらず、押し切ってみせたのは、鞍上の力量ともども見事と言わざるを得ない。当然、ここは満を持して迎える舞台ではあるが、やはり気になるのは初の中山コース。決して向かないとはいわないが、前残りが厳しい情勢であるのは事実。逃げ馬が揃い、昨年同様のハイペースが予想され、先行馬は相当に苦しい。前走も同じような展開ながら跳ね返した同馬だが、それでも最後はいっぱいいっぱいだった姿が脳裏から離れない。

 3歳牝馬ながら、軽量となるメイケイエールはどうか。復帰戦となる前走は大敗となったが、馬体重20キロ増。一叩きで絞れてくれば、3歳重賞3勝、G14着の実績は侮れないはず。血統的にはこなせるはずのマイル戦、桜花賞でデタラメの競馬をして大敗しているだけに、心身ともに確かな成長が必要ではあり、夏以降の成長力が問われる一戦になる。

 クリノガウディの復調ぶりにも目を見張るものがある。降着とはなったがグランアレグリアを退け1位入線した高松宮記念。それ以降、全く振るわなくなったが、現鞍上との新コンピからは内容一変。時計的にもG1レベルに達しており、うまく流れを掴めれば好勝負できそう。

 昨年のこのレースの3着馬アウィルアウェイ。勝ち馬グランアレグリアの衝撃の末脚の影で、この馬も展開利して見事な追い込みで波乱を演出した。今回もそううまく事が運ぶとは思えないが、昨年同様の逃げ馬が揃って、お誂え向きであることは事実。一発警戒。

 昨年は馬群に沈んだモズスーパーフレアだが、一昨年のこのレースでは2着。今年の情勢は昨年のパターンに近く、去年からまれたビアンフェも健在。しかし、とにかく自分の競馬に徹するという強みがある。得意な舞台で大外でも要警戒。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

11=04
→14,12,06,09,13,16
(36点)

11=14
→04,12,06,09,13,16
(36点)
2強視されるダノンスマッシュと、レシステンシアを差し置いて、ジャンダルムとピクシーナイトを上位評価とした。力量は上位も、未知の不安要素のこるダノン、展開向かないレシステンシアより、ジャンダルムとピクシーナイトが前走でみせた末脚に期待をしてみたい。そううまく昨年同様の前崩れの流れになるとは限らないが、このメンバーでのG1なら前は厳しいとみる。軸にジャンダルムを据え、相手をピクシーナイトとダノンスマッシュで3連単2頭軸マルチながしで勝負したい。

このページの上部へ

Profile

bakusuinobitaです。
一応、「小心無用」がポータルページになっております。

About

中央競馬のG1レースのみを限定して適当な予想を書いております。

2010年より、本ブログスタイルに移行しましたが、それ以前のものは「PakaPakaParadise」においてあります。
もっと前のは公開してません。もう色々めんどくさくてあきらめました。

後、定番のご注意ですが、適当にやってる以上、色々間違いはきっとあるので、馬券購入の際などは主催者側の発表にてご確認下さい。

サイト内検索

月別アーカイブ

  1. 2022年12月 [2]
  2. 2022年11月 [6]
  3. 2022年10月 [8]
  4. 2022年6月 [4]
  5. 2022年5月 [9]
  6. 2022年4月 [7]
  7. 2022年3月 [2]
  8. 2022年2月 [2]
  9. 2021年12月 [10]
  10. 2021年11月 [7]
  11. 2021年10月 [7]
  12. 2021年6月 [4]
  13. 2021年5月 [10]
  14. 2021年4月 [6]
  15. 2021年3月 [2]
  16. 2021年2月 [2]
  17. 2020年12月 [11]
  18. 2020年11月 [6]
  19. 2020年10月 [7]
  20. 2020年6月 [5]
  21. 2020年5月 [9]
  22. 2020年4月 [6]
  23. 2020年3月 [2]
  24. 2020年2月 [2]
  25. 2020年1月 [1]
  26. 2019年12月 [8]
  27. 2019年11月 [7]
  28. 2019年10月 [7]
  29. 2019年9月 [1]
  30. 2019年6月 [4]
  31. 2019年5月 [9]
  32. 2019年4月 [6]
  33. 2019年3月 [4]
  34. 2019年2月 [1]
  35. 2019年1月 [1]
  36. 2018年12月 [9]
  37. 2018年11月 [7]
  38. 2018年10月 [6]
  39. 2018年9月 [1]
  40. 2018年6月 [5]
  41. 2018年5月 [8]
  42. 2018年4月 [6]
  43. 2018年3月 [3]
  44. 2018年2月 [2]
  45. 2017年12月 [10]
  46. 2017年11月 [7]
  47. 2017年10月 [6]
  48. 2017年9月 [1]
  49. 2017年7月 [1]
  50. 2017年6月 [4]
  51. 2017年5月 [8]
  52. 2017年4月 [7]
  53. 2017年3月 [2]
  54. 2017年2月 [2]
  55. 2017年1月 [1]
  56. 2016年12月 [8]
  57. 2016年11月 [6]
  58. 2016年10月 [7]
  59. 2016年7月 [1]
  60. 2016年6月 [4]
  61. 2016年5月 [8]
  62. 2016年4月 [6]
  63. 2016年3月 [1]
  64. 2016年2月 [2]
  65. 2016年1月 [1]
  66. 2015年12月 [8]
  67. 2015年11月 [6]
  68. 2015年10月 [7]
  69. 2015年6月 [4]
  70. 2015年5月 [9]
  71. 2015年4月 [5]
  72. 2015年3月 [2]
  73. 2015年2月 [2]
  74. 2014年12月 [8]
  75. 2014年11月 [8]
  76. 2014年10月 [6]
  77. 2014年6月 [5]
  78. 2014年5月 [9]
  79. 2014年4月 [5]
  80. 2014年3月 [2]
  81. 2014年2月 [1]
  82. 2013年12月 [7]
  83. 2013年11月 [8]
  84. 2013年10月 [6]
  85. 2013年9月 [1]
  86. 2013年6月 [4]
  87. 2013年5月 [8]
  88. 2013年4月 [6]
  89. 2013年3月 [2]
  90. 2013年2月 [2]
  91. 2012年12月 [8]
  92. 2012年11月 [7]
  93. 2012年10月 [7]
  94. 2012年9月 [1]
  95. 2012年6月 [5]
  96. 2012年5月 [7]
  97. 2012年4月 [6]
  98. 2012年3月 [2]
  99. 2012年2月 [2]
  100. 2012年1月 [1]
  101. 2011年12月 [8]
  102. 2011年11月 [6]
  103. 2011年10月 [9]
  104. 2011年7月 [1]
  105. 2011年6月 [4]
  106. 2011年5月 [8]
  107. 2011年4月 [5]
  108. 2011年3月 [3]
  109. 2011年2月 [2]
  110. 2010年12月 [8]
  111. 2010年11月 [7]
  112. 2010年10月 [7]
  113. 2010年6月 [4]
  114. 2010年5月 [10]
  115. 2010年4月 [4]
  116. 2010年3月 [2]
  117. 2010年2月 [2]

地方競馬購入(楽天競馬)

データ分析(KLAN)

Adsence