第165回 天皇賞(春) 予想

2022/5/1 3歳以上オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    阪神 B
  • 芝3200m
    内・右回り
  • 稍重
    見込み
京都競馬場の代替えで、今年は阪神開催。やはりポイントは2周目が内回りになるということ。直線が短いことは頭に入れておく必要がある。内の状態にもよるが、道中包まれることなく、いかに内側に馬を置けるかが鍵。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 アイアンバローズ 牡5 58.0 石橋脩
1 02   ハーツイストワール 牡6 58.0 ルメール
2 03   ディバインフォース 牡6 58.0 田辺
2 04   ユーキャンスマイル 牡7 58.0 藤岡佑
3 05 マカオンドール 牡4 58.0 松山
3 06   メロディーレーン 牝6 56.0 岩田望
4 07 テーオーロイヤル 牡4 58.0 菱田
4 08   クレッシェンドラヴ 牡8 58.0 内田博
5 09 ヒートオンビート 牡5 58.0 池添
5 10   トーセンカンビーナ 牡6 58.0 藤岡康
6 11   マイネルファンロン 牡7 58.0 松岡
6 12   ハヤヤッコ 牡6 58.0 武豊
7 13   ロバートソンキー 牡5 58.0 伊藤
7 14   ヴァルコス 牡5 58.0 三浦
7 15 タガノディアマンテ 牡6 58.0
8 16 タイトルホルダー 牡4 58.0 横山和
8 17 シルヴァーソニック 牡6 58.0 川田
8 18 ディープボンド 牡5 58.0 和田竜
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
S
スロー
長距離レース特有のスローペース。阪神内回りで上がりもかかる展開。やはり先行勢に有利。
信頼度
C
ヒモ穴注意
本命馬の信頼度は高いが、ヒモ争いは熾烈。長距離、馬場悪化などの条件変化は思わぬ穴馬を呼び込む。
予想本文 

~ ステイヤー頂上決戦 ~
 大阪杯がG1に昇格したことで、天皇賞・春は中距離王道路線からはやや外れつつある印象。例えば、前走敗れたエフフォーリアあたりが参戦してくれれば、また趣も変わったのだろうが、参戦はもちろんなく、いよいよこのレースの独立性が強まってしまった。だだ、その分、このレースは、ステイヤーとして、しっかりここを目標と定めた馬が多く集まる。今回も阪神大賞典と日経賞という、2大トライアルを経てきたたメンバーによる最強ステイヤー決定戦のゲートが開く。

 この馬がG1を獲るならここしかない!というディープボンド。大外枠を引いたが、長距離レースのため、その影響は少ない。このレース、過去10年でも、フェノーメノ、キタサンブラック、フィエールマンと連覇している馬が目立つ。2着馬にもシュバルグランがいる。適性と実績さえあれば安定して通用する傾向にあるのがこのレース。阪神の中長距離コースにおいて、4戦2勝、2着2回のほぼパーフェクトな実績のこの馬には、やはり文句のつけどころはない。凱旋門賞大敗後、国内復帰2戦で自信と信頼を得た。G1未勝利でも、ここは迎え撃つ立場であろう。

 4歳の新鋭、マカオンドールに注目したい。長めのレースを意図的に使われてきたステイヤー。万葉S勝利後、どうかな?と思われた阪神大賞典での一線級との対戦で、一定のメドを立てた。最後に伸びこそ欠いたが、折り合い不安も見せなかったところに成長の跡。叩いた上積みの効果か、状態も上向いてきており、さらに主戦騎手に戻り、前走の勝ち馬との差を詰めてくるはず。あまり後ろからだと届かない可能性があるので、今回はもう少し前がかりのレースを期待したいところ。

 菊花賞を5馬身差で逃げ切ったタイトルホルダー。有馬記念で一頓挫あったが、不調も伝えられてた日経賞を勝利して見せたことで、俄然、信頼度がUP。有馬記念ではハナを取れなかったが、今回は外からでもハナが濃厚。当然、目標にされる懸念は残るが、阪神コースであれば、馬場悪化も手伝って、そうそう上がりの競馬になる可能性は低い。前走で差し返しもみせていたように、この馬のペースで行ければ相当にしぶとく、逃げ切りは十分ありえそう。

 シルヴァーソニックは重賞未勝利ながら、常に堅実駆けが光る馬。前走の阪神大賞典では3着に敗れはしたものの、直線、やや進路が窮屈になる場面もあった。展開次第で、もっと詰められたはずの内容だった。マイラーの母系ながらも、父から適性を継いだか、ここ3戦ですっかり長距離レースにも難なくこなす。決定力こそ欠くが、混戦のヒモ争いには怖い存在。

 ここ2戦で長距離重賞を好走したオルフェーヴル産駒、アイアンバローズも面白い。最内枠はこの馬にとっては好枠と言えそうで、あわよくばハナをも奪う展開もありえそう。先行することで好結果が続いており、このレースにマッチするスタミナ豊富な先行馬。当然ここも勝負どころ。

 少し間隔が空いたが、条件クラスから4連勝ので重賞をもぎ取ったテーオーロイヤルも勢いがあって、怖さがある。特に前走3000m級の重賞を制したことは大きな自信。折り合い、脚質的にもこの条件は合うはず。

 このところ、ずっと2、3着続きの善戦マン、ヒートオンビート。母マルセリーナゆえ、血統的にこれだけの長距離には不安があるが、阪神コースでの高い実績は頼もしい。大崩れのない堅実な末脚は、展開次第で、上位浮上の大きな武器となる。

 長距離実績があり、スタミナ対決となると出番がありそうなタガノディアマンテ。重馬場実績はないのだが、当日の雨が時計のかかる持久力勝負の舞台を呼び込めば、案外面白そう。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

18=05
→15,17,01,07,09,15
(36点)

18=15
→05,17,01,07,09,15
(36点)
やはりディープボンドは堅軸か。他馬も阪神大賞典組を中心とし、タイトルホルダーを加えた再戦模様とみている。しっかりとした長距離実績のある馬が揃っているため、それほど波乱の要素は少なそう。馬券はディープボンドから、マカオンドールとタイトルホルダーを相手に3連単マルチながしが基本線。マルチ馬券を推奨とはしたものの、ディープボンド1着ながしを厚めに、3着馬券は不要かもしれない。

Track Back

Track Back URL

このページの上部へ

Profile

bakusuinobitaです。
一応、「小心無用」がポータルページになっております。

About

中央競馬のG1レースのみを限定して適当な予想を書いております。

2010年より、本ブログスタイルに移行しましたが、それ以前のものは「PakaPakaParadise」においてあります。
もっと前のは公開してません。もう色々めんどくさくてあきらめました。

後、定番のご注意ですが、適当にやってる以上、色々間違いはきっとあるので、馬券購入の際などは主催者側の発表にてご確認下さい。

サイト内検索

月別アーカイブ

  1. 2022年5月 [5]
  2. 2022年4月 [7]
  3. 2022年3月 [2]
  4. 2022年2月 [2]
  5. 2021年12月 [10]
  6. 2021年11月 [7]
  7. 2021年10月 [7]
  8. 2021年6月 [4]
  9. 2021年5月 [10]
  10. 2021年4月 [6]
  11. 2021年3月 [2]
  12. 2021年2月 [2]
  13. 2020年12月 [11]
  14. 2020年11月 [6]
  15. 2020年10月 [7]
  16. 2020年6月 [5]
  17. 2020年5月 [9]
  18. 2020年4月 [6]
  19. 2020年3月 [2]
  20. 2020年2月 [2]
  21. 2020年1月 [1]
  22. 2019年12月 [8]
  23. 2019年11月 [7]
  24. 2019年10月 [7]
  25. 2019年9月 [1]
  26. 2019年6月 [4]
  27. 2019年5月 [9]
  28. 2019年4月 [6]
  29. 2019年3月 [4]
  30. 2019年2月 [1]
  31. 2019年1月 [1]
  32. 2018年12月 [9]
  33. 2018年11月 [7]
  34. 2018年10月 [6]
  35. 2018年9月 [1]
  36. 2018年6月 [5]
  37. 2018年5月 [8]
  38. 2018年4月 [6]
  39. 2018年3月 [3]
  40. 2018年2月 [2]
  41. 2017年12月 [10]
  42. 2017年11月 [7]
  43. 2017年10月 [6]
  44. 2017年9月 [1]
  45. 2017年7月 [1]
  46. 2017年6月 [4]
  47. 2017年5月 [8]
  48. 2017年4月 [7]
  49. 2017年3月 [2]
  50. 2017年2月 [2]
  51. 2017年1月 [1]
  52. 2016年12月 [8]
  53. 2016年11月 [6]
  54. 2016年10月 [7]
  55. 2016年7月 [1]
  56. 2016年6月 [4]
  57. 2016年5月 [8]
  58. 2016年4月 [6]
  59. 2016年3月 [1]
  60. 2016年2月 [2]
  61. 2016年1月 [1]
  62. 2015年12月 [8]
  63. 2015年11月 [6]
  64. 2015年10月 [7]
  65. 2015年6月 [4]
  66. 2015年5月 [9]
  67. 2015年4月 [5]
  68. 2015年3月 [2]
  69. 2015年2月 [2]
  70. 2014年12月 [8]
  71. 2014年11月 [8]
  72. 2014年10月 [6]
  73. 2014年6月 [5]
  74. 2014年5月 [9]
  75. 2014年4月 [5]
  76. 2014年3月 [2]
  77. 2014年2月 [1]
  78. 2013年12月 [7]
  79. 2013年11月 [8]
  80. 2013年10月 [6]
  81. 2013年9月 [1]
  82. 2013年6月 [4]
  83. 2013年5月 [8]
  84. 2013年4月 [6]
  85. 2013年3月 [2]
  86. 2013年2月 [2]
  87. 2012年12月 [8]
  88. 2012年11月 [7]
  89. 2012年10月 [7]
  90. 2012年9月 [1]
  91. 2012年6月 [5]
  92. 2012年5月 [7]
  93. 2012年4月 [6]
  94. 2012年3月 [2]
  95. 2012年2月 [2]
  96. 2012年1月 [1]
  97. 2011年12月 [8]
  98. 2011年11月 [6]
  99. 2011年10月 [9]
  100. 2011年7月 [1]
  101. 2011年6月 [4]
  102. 2011年5月 [8]
  103. 2011年4月 [5]
  104. 2011年3月 [3]
  105. 2011年2月 [2]
  106. 2010年12月 [8]
  107. 2010年11月 [7]
  108. 2010年10月 [7]
  109. 2010年6月 [4]
  110. 2010年5月 [10]
  111. 2010年4月 [4]
  112. 2010年3月 [2]
  113. 2010年2月 [2]

地方競馬購入(楽天競馬)

データ分析(KLAN)

Adsence