第27回 NHKマイルC 予想

2022/5/8 3歳オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    東京 A
  • 芝1600m
    左回り

  • 見込み
直線長く、コースも広いマギレの生じにくいコース体系。マイル以上もある程度こなせるスタミナも要求される。脚質は差し馬有利も極端な追い込みは厳しい。また、外差しも決まりにくく、内枠が望ましい。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 マテンロウオリオン 牡3 57.0 横山典
1 02   ソネットフレーズ 牝3 55.0 横山武
2 03   ソリタリオ 牡3 57.0 鮫島駿
2 04 セリフォス 牡3 57.0 福永
3 05 キングエルメス 牡3 57.0 坂井
3 06   トウシンマカオ 牡3 57.0 戸崎圭
4 07 タイセイディバイン 牡3 57.0 松若
4 08 アルーリングウェイ 牝3 55.0 藤岡佑
5 09   ダンテスヴュー 牡3 57.0 吉田隼
5 10   カワキタレブリー 牡3 57.0 菅原明
6 11 インダストリア 牡3 57.0 レーン
6 12   セイクリッド 牝3 55.0 菊沢
7 13 ジャングロ 牡3 57.0 武豊
7 14   フォラブリューテ 牝3 55.0 大野
7 15   オタルエバー 牡3 57.0 横山和
8 16   プルパレイ 牡3 57.0 Mデムーロ
8 17   ステルナティーア 牝3 55.0 池添
8 18 ダノンスコーピオン 牡3 57.0 川田
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
M
ミドル
逃げ馬13は行けるなら行くのタイプ。逃げた場合も、どこかで息を入れ、極端なハイペースまでは考えにくい。
信頼度
D
混戦
実力差の少ないメンバー構成。展開の有利、不利の少ない東京マイル戦ではあるが、波乱も要警戒。
予想本文 

~ 朝日杯FS準決勝?! ~
 暮れの2歳G1はホープフルSが昇格されたことで、朝日杯FSのマイル路線化が進み、このNHKマイルCとの連動性も高まってきている。ただ、今回は朝日杯FS勝ち馬の参戦はなく、やや盛り上がりに欠けるメンバー構成。それでもやはり朝日杯FS上位2頭が注目されるが、そうすんなり決まるかどうか…。

 久々という懸念点はあるが、予定通りのローテで、ここはセリフォスを信頼。昨今は調教設備の進化もあり、トライアルを使わず、ぶっつけで挑むことはトレンドになりつつある。厩舎の鉄砲実績も高いものの、ノーザンファーム系の馬ではないため、多少はリスクはある。それでもこの馬を中心に据えるのは、安定して走れるであろう左回りであることと、朝日杯FSでのレース内容。先行勢総崩れの中、決して得意といえない右回りコースで、先行しての2着は相当の重み。時計が上がりがかかってしまったことは確かだが、しっかりと脚を貯めれば、東京の直線で伸びてくるはず。

 思い切ってキングエルメスを対抗格に抜擢。骨折明けで臨んだ前走ではいきなりの3着。最後に力尽きはしたが、好位から馬群を割っての抜け出しは見どころがあった。気性的にまだ若さが目立ち、道中もモタれ通しではあったが、一度使った上積みは大きそう。実績ある東京コースに戻ることも後押し。まだ底を見せたとは言えず、ここでいよいよ真価が図られる。もちろん、その真価は案外である可能性もあるが、ここは人気的にも乗っておきたい。

 東京マイル戦ならインダストリアを見直したい。弥生賞では人気を裏切る結果となったが、2000mが応えたか。リオンディーズ産駒らしく、気性的にうるさいところがあるので、距離短縮は間違いなく有利に働くはず。とにかく、ここまでの出走レース4戦、すべて上がり3F最速という末脚の持ち主。鞍上も強力で、その分、思ったより人気している点がやや気に入らないが、この評価以下にも下げづらい。

 マテンロウオリオンは休み明けの前走で、いきなり鋭い末脚を披露。よく追い上げながらも、勝ち馬ジャングロの最後の抵抗には屈してしまった。今回はそこから、大きな上積みが見込め、最内枠もうまく活かせば有利に働く舞台。左回りの中京コースでシンザン記念を制しており、自在性もある。東京コースの舞台変わりで、4戦完全連対を支えたその末脚をいかんなく発揮してくるようだと、当然勝ち負け。

 朝日杯FS 3着馬ダノンスコーピオンは東京コースでの共同通信杯でよもやのボロ負け。元々、状態が良くなかったと伝えられていたところに、1800mの距離も幾分長かった。続いての前走で、きっちり差し切った点はさすが。大外枠はこのレースでは好走例も多く、それほど気にならない。再びの東京挑戦となるが、少なくとも状態は万全のようだ。

 アルーリングウェイは前走、桜花賞は8着と大敗だったものの、その差はわずか。時計的にもここで臆することのないもので、左回りも克服済み。牝馬路線からの転戦となるが、斤量の恩恵も踏まえれば、ここでの好走があっても驚けない。

 3連勝で底を見せていないジャングロ。中山開催のNZTは今ひとつこのレースとの連動性に乏しいが、8戦して着外は一度だけという堅実さが頼もしい。それも逃げて速い脚を使っている点も評価できる。ただ、唯一敗れたのが長い直線のある東京コースという点は気がかり。

 タイセイディバインは短距離路線に変更後、成績が向上。前走では最後、勝ち馬の末脚に屈したとは言え、クビ差の2着。左回りに変わり、G1の早い流れにも対応できる自在性も持つ。人気ほど侮れない存在であることは確か。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

04=05
→11,01,18,08,13,07
(36点)

04=11
→05,01,18,08,13,07
(36点)
まだキャリアの乏しい3歳のマイル戦。加えて抜けた馬もいない現状、やはり難しいレースとなる。休養明けは不安ではあるものの、やはり実績のあるセリフォスを軸に据えたい。少々冒険したキングエルメス、名手駆るインダストリアを相手に3連単マルチながしで勝負したい。

Track Back

Track Back URL

このページの上部へ

Profile

bakusuinobitaです。
一応、「小心無用」がポータルページになっております。

About

中央競馬のG1レースのみを限定して適当な予想を書いております。

2010年より、本ブログスタイルに移行しましたが、それ以前のものは「PakaPakaParadise」においてあります。
もっと前のは公開してません。もう色々めんどくさくてあきらめました。

後、定番のご注意ですが、適当にやってる以上、色々間違いはきっとあるので、馬券購入の際などは主催者側の発表にてご確認下さい。

サイト内検索

月別アーカイブ

  1. 2022年5月 [5]
  2. 2022年4月 [7]
  3. 2022年3月 [2]
  4. 2022年2月 [2]
  5. 2021年12月 [10]
  6. 2021年11月 [7]
  7. 2021年10月 [7]
  8. 2021年6月 [4]
  9. 2021年5月 [10]
  10. 2021年4月 [6]
  11. 2021年3月 [2]
  12. 2021年2月 [2]
  13. 2020年12月 [11]
  14. 2020年11月 [6]
  15. 2020年10月 [7]
  16. 2020年6月 [5]
  17. 2020年5月 [9]
  18. 2020年4月 [6]
  19. 2020年3月 [2]
  20. 2020年2月 [2]
  21. 2020年1月 [1]
  22. 2019年12月 [8]
  23. 2019年11月 [7]
  24. 2019年10月 [7]
  25. 2019年9月 [1]
  26. 2019年6月 [4]
  27. 2019年5月 [9]
  28. 2019年4月 [6]
  29. 2019年3月 [4]
  30. 2019年2月 [1]
  31. 2019年1月 [1]
  32. 2018年12月 [9]
  33. 2018年11月 [7]
  34. 2018年10月 [6]
  35. 2018年9月 [1]
  36. 2018年6月 [5]
  37. 2018年5月 [8]
  38. 2018年4月 [6]
  39. 2018年3月 [3]
  40. 2018年2月 [2]
  41. 2017年12月 [10]
  42. 2017年11月 [7]
  43. 2017年10月 [6]
  44. 2017年9月 [1]
  45. 2017年7月 [1]
  46. 2017年6月 [4]
  47. 2017年5月 [8]
  48. 2017年4月 [7]
  49. 2017年3月 [2]
  50. 2017年2月 [2]
  51. 2017年1月 [1]
  52. 2016年12月 [8]
  53. 2016年11月 [6]
  54. 2016年10月 [7]
  55. 2016年7月 [1]
  56. 2016年6月 [4]
  57. 2016年5月 [8]
  58. 2016年4月 [6]
  59. 2016年3月 [1]
  60. 2016年2月 [2]
  61. 2016年1月 [1]
  62. 2015年12月 [8]
  63. 2015年11月 [6]
  64. 2015年10月 [7]
  65. 2015年6月 [4]
  66. 2015年5月 [9]
  67. 2015年4月 [5]
  68. 2015年3月 [2]
  69. 2015年2月 [2]
  70. 2014年12月 [8]
  71. 2014年11月 [8]
  72. 2014年10月 [6]
  73. 2014年6月 [5]
  74. 2014年5月 [9]
  75. 2014年4月 [5]
  76. 2014年3月 [2]
  77. 2014年2月 [1]
  78. 2013年12月 [7]
  79. 2013年11月 [8]
  80. 2013年10月 [6]
  81. 2013年9月 [1]
  82. 2013年6月 [4]
  83. 2013年5月 [8]
  84. 2013年4月 [6]
  85. 2013年3月 [2]
  86. 2013年2月 [2]
  87. 2012年12月 [8]
  88. 2012年11月 [7]
  89. 2012年10月 [7]
  90. 2012年9月 [1]
  91. 2012年6月 [5]
  92. 2012年5月 [7]
  93. 2012年4月 [6]
  94. 2012年3月 [2]
  95. 2012年2月 [2]
  96. 2012年1月 [1]
  97. 2011年12月 [8]
  98. 2011年11月 [6]
  99. 2011年10月 [9]
  100. 2011年7月 [1]
  101. 2011年6月 [4]
  102. 2011年5月 [8]
  103. 2011年4月 [5]
  104. 2011年3月 [3]
  105. 2011年2月 [2]
  106. 2010年12月 [8]
  107. 2010年11月 [7]
  108. 2010年10月 [7]
  109. 2010年6月 [4]
  110. 2010年5月 [10]
  111. 2010年4月 [4]
  112. 2010年3月 [2]
  113. 2010年2月 [2]

地方競馬購入(楽天競馬)

データ分析(KLAN)

Adsence